11ztjpk80hl

夏の午さがり、ツキコさんがセンセイに物語る、幼い日のできごと…。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。「センセイの... 続き

コメント

センセイの鞄が大好きで、手に取った作品。
センセイとツキコさんの空気感がとってもいい。
内容は、あとがき、解説を読んでふむふむした。
さくっと読めるからこそ、味わい深い、繰り返し読みたい。

その他のコメント

『センセイの鞄』のサイドストーリー。再びセンセイとツキコさんに会えて本当にうれしい。川上さんのあとがきも好き。

読者

53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Icon user placeholderF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c12E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d1112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d5 6人

川上弘美の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

11日前

Ef387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c 16
古道具 中野商店

古道具 中野商店

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

中野商店の日々が綴られています。 店主中野ハルオと店主の姉マサヨとタケオと語り手のヒトミ。 皆の名前がカタカナなのが、不思議な空間をかんじさせる。 なんだか変で不器用な日々、人生という道のチョット外れを歩いている人たちの話。

8か月前

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449Dcc41de7 3e4a 4a0f 817b a3985c6bb3f3
センセイの鞄

センセイの鞄

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

センセイと月子さんの距離感がとても好きだ。 あたたかくて優しいけど心をすごく揺さぶられた。

1年前

49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf98d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919Be277678 29bc 4339 b384 e3078aea7925 24