51l rgpdizl

江戸時代、ある晴天の日、街道沿いの茶店に腰かけていた浪人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずば、と切り捨てた... 続き

コメント

時代小説でありながら作者が表紙に登場、比喩には現在の、それも町田作品ではおなじみのボブマーリーやピストルズが登場する始末

挙げ句の果てに戦で活躍するのは超能力者と猿軍団…

自称超人的剣客という風変わりな主人公すらインパクトすらどんどん薄れて行く楽しい作品です!

その他のコメント

町田節炸裂!世界観が意味不明。やけどめっちゃおもろい!!
今回も笑わせてもらいました。ありがとうございます。

「猿と馬鹿の戦いだ」しばらく積読してたけど、読み始めたら笑いっぱなしで止まらない。

「自分の脳でものを考えないが自分はユニークな人間だと信じてる。」辛辣。

20170209

読者

B4dcce62 aaa8 40f3 ba55 28d546d6424eF407696d eb3e 4d53 bd5c 5234101fdfd04fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a2F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aIcon user placeholderIcon user placeholder75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748ac29336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463 28人

町田康の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639

chiii

2019/5月から、Twitte…

「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?これは、13名の作家さんが絵本「100万回生きたねこ」へ、作者の佐野洋子先生へ、愛を込めて書いた短編小説集です。 ふと、子供の頃国語の先生に愛と憎しみは一直線上にあるとしたら、対極じゃなくて、隣通しなんだと教わったことを思い出した。生と死もそうかもそれない。時間という線があるとしたら、生まれてから対極の死に向かって生きてるような気がしていたけど、私たちの魂は生と死の狭間で揺れ動きながら、時間のループの中をずっと走っている。どこに辿り着くかもわからないのに。まぁ、生まれ変わってまだ8万回目だから、あと92万回生まれ変わったらわかるかなぁ〜。 (ちょっとでも本の感想を書けばネタバレしそうな気がしたので、絵本も含めて読んで行き着いた自分の考えを少し書きました。お気に入りは、角田光代先生の「おかあさんのところにやってきた猫」) 2019/6読み終え**

4か月前

Ef387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c 16
正直じゃいけん

正直じゃいけん

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

「くっすん大黒」に続き、町田節に笑かされた。私は音読の癖がある。傍から見るとさぞ不気味だろう。ブツブツと念仏を唱えるように、呪文をかけるように言っているだけでも不気味だろうに、急に笑いだすのだから、狂気でしかない。町田康は読者の様子を想像して書いているに違いない。 大阪出身で、大阪弁も惹かれている一因であろう。この感覚どこかでと思えば、近松門左衛門に辿り着いた。 池澤夏樹が編集した日本文学全集で宇治拾遺物語を現代語訳する仕事に町田康が抜擢されている。宇治拾遺物語を書いた(歌った)のはきっと当時のパンクロッカーに違いない。

8か月前