51l rgpdizl

江戸時代、ある晴天の日、街道沿いの茶店に腰かけていた浪人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずば、と切り捨てた... 続き

コメント

時代小説でありながら作者が表紙に登場、比喩には現在の、それも町田作品ではおなじみのボブマーリーやピストルズが登場する始末

挙げ句の果てに戦で活躍するのは超能力者と猿軍団…

自称超人的剣客という風変わりな主人公すらインパクトすらどんどん薄れて行く楽しい作品です!

その他のコメント

町田節炸裂!世界観が意味不明。やけどめっちゃおもろい!!
今回も笑わせてもらいました。ありがとうございます。

「猿と馬鹿の戦いだ」しばらく積読してたけど、読み始めたら笑いっぱなしで止まらない。

「自分の脳でものを考えないが自分はユニークな人間だと信じてる。」辛辣。

20170209

読者

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aIcon user placeholderIcon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f029336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32E13f62be 0764 474d 88d3 3e0aece8e7c74287fd9b c39e 41e3 927f cd9ac71fe773 26人

町田康の本

湖畔の愛

湖畔の愛

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

恋愛小説では、ないかもしれない。 舞台のお笑い劇場を見ている感じ。 自分の読む間が面白くないと、笑えないかなぁ。

10日前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf929336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92