5138gifgkal

「あんたの願い、叶えてあげる」こんなカミサマ、信じていいの――!? デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗る二人の男(小太り... 続き

コメント

これぞマキメ・エンターテイメント!

最近の万城目さんの本は、時代モノや古典など、
ちょっと固めな題材が多かったように思うけど、
僕はやっぱりこういうファンタジーが大好き!

とある神社でお勤めをしている縁結びの神様のお話。

優しく笑えて、最後に泣ける。

最近涙もろくなっていかんと思うのだけど、
昔はわからなかったようなたくさんの知識や経験をしたから、
感受性が良くなったのだなぁとポジティブにとらえるようにしました✨

「?」なタイトルのネタバラシの仕方がGOOD!

万城目さんしか書けないぶっ飛んだ設定、楽しかったぁー こういう癖のあるおっさんいるよなぁっていう縁結び神が主役の本作。変なキャラクターが登場して、その周りの人の振り回され劇を描くのはよくある。でも、いつの間にか変な人の側に立ってしまって、思い入れしてるなんて意外とないかも。かのこちゃんが出てきて嬉しかったー!!2017.11

読者

C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce715Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B524559e 279a 42aa 8b57 2271a5f3dd54D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef316a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd83468b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6aA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 11人

万城目学の本

とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

印刷会社で燻っている29歳

よかった。人を蹴落としてなんぼな、孤高で孤独な忍びの道。戦で心が荒みきった風太郎が見出した、誰かを救う、という一筋の道。風太郎を導くのが術使いのひょうたんというのも万城目さんらしいトリッキーさ。おしまい、おしまいという意味だけど、続編やらないかなぁ。2017.3

約1年前