Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51bnw92o97l

コメント

注目の劇作家による初小説。
引きこもりの青年とその家族、彼を外に連れ出そうとする人達が巻き起こすドタバタを通じて、はたして”人は外に出たほうが良いのか”を問いかける。
演劇として観劇すれば面白いのだろうと思うが、情景描写のシンプルさ、場面の切り替え、心情の説明と会話が連続する構成などに、演劇のセリフとト書きをそのまま小説に仕立てたような印象を受ける。

読者

Ad0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c95716443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea

文芸

ポースケ

ポースケ

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

誰しも心の中に靄がかかったような灰色の部分がある。それを完全ではないけど、どうにか払拭しながら日々暮らしている。 カフェ「ハタナカ」という場所、店主ヨシカが、癒してくれるというわけではない。いつも同じように迎えて、食事を出して、送り出してくれる。いつも同じが、嬉しい。 旅行で訪れた町の商店街のアーケードを歩いていて、ふと見上げた先に「ハタナカ」を見つけれそうな、親近感わく物語です。

約11時間前

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholder