51bnw92o97l

コメント

注目の劇作家による初小説。
引きこもりの青年とその家族、彼を外に連れ出そうとする人達が巻き起こすドタバタを通じて、はたして”人は外に出たほうが良いのか”を問いかける。
演劇として観劇すれば面白いのだろうと思うが、情景描写のシンプルさ、場面の切り替え、心情の説明と会話が連続する構成などに、演劇のセリフとト書きをそのまま小説に仕立てたような印象を受ける。

読者

Ad0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c95716443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea

文芸

銀河食堂の夜

銀河食堂の夜

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一編の題名が居酒屋客の語り人の字名で、笑えました。ラストは名無しの「セロ弾きの豪酒」で、謎も完結という構成です。心温まる下町人情話しと思いきや、悲しい話が多いです。それでも、心があったかくなるのは常連さんのおかげでしょうか。 乗り越えて今がある話に心が救われます。

約18時間前

55294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7babIcon user placeholder
つるかめ助産院

つるかめ助産院

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

子供を妊娠した時の事、十月十日の体の変化や気持ちの不安定さ、涙かどうしようもなく流れてくる感じ、体は本当に自然の一部なんだと思います。 妊婦さんを「育む人」と呼ぶの、とっても素敵だなと思いました。

約20時間前

Icon user placeholderCba3559f 2040 495e 911b 953916d3cd38Icon user placeholder 9