51i2jpcavol

コメント

米原さんの愛したペットのビリ、チビリ、無理、道理、ゲン、ターニャ、ソーニャ、ノラ等々のエピソードが面白おかしく、時にはせつなくさせるいつもの米原節炸裂です。
現代のペット観からしたらちょっとズレを感じる部分もあるけど、米原さんの家族(動物?)愛を感じながら、動物と暮らしたくなるけど、(責任を考えて)諦める、という考えをグルグルつい繰り返してしまいます。

読者

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048101f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc24901c354a e7a4 4def b175 313c30679550 3人

米原万里の本

ガセネッタ&シモネッタ

ガセネッタ&シモネッタ

3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045

towa

1982年生まれ。

2000年の刊行なので論調に時代を感じるけれど、久しぶりの米原節が懐かしくもあり。翻訳家の柳瀬尚樹との対談、癖のある人柄を感じさせながらも、柳瀬氏の「翻訳に正解はある。正解を目指すべきだ」に大いに納得。

2年前

F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fbIcon user placeholderDe9c0578 cca2 4bb1 a42f 6a40bbefdaf5