Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
515gjapudyl

生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚く朧で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく... 続き

コメント

もはやベースの世界観がよくわからないのだけど、それでもグイグイ読ませますね。今までのたくさん出た布石を、最終巻(上中下)でどれだけ回収してくれるのか。個人的には、浅野さんが好きだなー。

読者

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

西尾維新の本

きみとぼくの壊れた世界

きみとぼくの壊れた世界

07799f95 8144 40d8 92d4 f66fcfefe7ee

金木犀

本に埋もれて死ねるのなら本望です

西尾維新さん特有の、限られたキャラクターしか登場しない世界観の中で繰り広げられるミステリー。しかしこの見事に歪んだ人間関係が私の好みにぴったりはまった。やはり巧みな言葉遊びと個性の強い探偵役:病院坂黒猫の魅力に心奪われた。定期的に読み返してしまう。

6か月前