515gjapudyl

生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚く朧で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく... 続き

コメント

もはやベースの世界観がよくわからないのだけど、それでもグイグイ読ませますね。今までのたくさん出た布石を、最終巻(上中下)でどれだけ回収してくれるのか。個人的には、浅野さんが好きだなー。

読者

94171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737a28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

西尾維新の本