515gjapudyl

生命を礼賛する行為には驚くほどに価値がない、生はどこまでも儚く朧で、死はどこまでも切なく幻だ。そしてそれはただそれだけのものでありそれだけのものでしかなく... 続き

コメント

もはやベースの世界観がよくわからないのだけど、それでもグイグイ読ませますね。今までのたくさん出た布石を、最終巻(上中下)でどれだけ回収してくれるのか。個人的には、浅野さんが好きだなー。

読者

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

西尾維新の本

41th2 vcrol
07799f95 8144 40d8 92d4 f66fcfefe7ee

金木犀

本に埋もれて死ねるのなら本望です

西尾維新さん特有の、限られたキャラクターしか登場しない世界観の中で繰り広げられるミステリー。しかしこの見事に歪んだ人間関係が私の好みにぴったりはまった。やはり巧みな言葉遊びと個性の強い探偵役:病院坂黒猫の魅力に心奪われた。定期的に読み返してしまう。

8日前

51obksvqwzl
4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e

柿川清修

Blog

主人公が23歳の警察官になっていました。懐かしのキャラクター達が登場したり語られたり、新しいキャラクターもたくさん出てファンには楽しい一冊です。

約1か月前

30726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2
51g8advihul
4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e

柿川清修

Blog

撫公は登場する度に意外な物語を展開するキャラクターだなぁと思います。ブルマ。

約2か月前

30726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2
51bqpmed9nl
28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

戯言シリーズ最終章の最終巻。今までの布石の回収は...あまりしてくれなかった。もう何が何だかの戯言ですかね。とにもかくにも、これが西尾維新なんだろうなって思いました。世界観がスゴイです。

2か月前