512gzty1z2l

ヒノメ伝説の真実を探るため王都に潜入したマユラは、深夜の役所で成長したシンと再会する。突然の再会に心を押し隠そうとするマユラと、記憶がなくてもマユラに惹か... 続き

コメント

ひとめぐりして元のところへ戻る。ふたつ合わせると意味を持つ。

読者

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920

津田雅美の本

51n1 xih8ql
Fa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002

八重

ずっと読んでいたい

青春は必ずしも綺麗なものばかりじゃない。 登場人物たちに、昔は憧れと共感を抱き、 今は憧憬と眩さを覚えてしまう。

6か月前

51cizrz0wql
95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd

さだ ひとし

拙い言葉をつなげるより、面白い本…

久しぶりに読んだ少女マンガ。萩尾望都以来止まっていたから。 アニメ先行だったのですが、漫画の方が面白かった。ここまで描いていいのか?!と驚いた本。

1年前