51nbfz4srml

あきらめない。何があっても。 難病に侵された思い人のために何ができるのか。 彼が選んだのは、治療薬を創るという無謀な挑戦だった。 いつだってひたむきな... 続き

コメント

突っ走り型主人公でない事が「新薬を創る」熱意や思いをジンと伝えてくれました。
噛み合わないチームの面々、慣れない仕事、妨害。一つ一つ丁寧に一歩づつ前に進む姿に声援を!

読者

Icon user placeholderC9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7151525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 3人

喜多喜久の本

ラブ・ケミストリー

ラブ・ケミストリー

7656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25ab

キツネ

読書たのしー☆

ちょっとアタマが追いつかない時もありますよ。 あまりにも本格的に化学なので。 でも、だからこそのゆる〜い恋愛模様。思いっきりファンタジーです。 化学がニガテでも大丈夫‼︎“そーゆーもん”くらいに思って読んでみたらいいと思います。 まさに森見作品の東京版ですね。

1年前

9fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db6834338b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286ca