51pqspuxnll

ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日... 続き

コメント

取り敢えず最終巻(?)
今回はシェイクスピアのファーストフォリオ本を巡るお話ですが、一筋縄でいかない登場人物たちに、ビブリア古書堂存続の危機が……⁉︎
蘊蓄パートには相変わらず、「へええ!」と感心し(結構本好きにはこれが楽しい知識だったりする)、恒例の恋愛パートは相変わらず「アマ〜〜〜〜〜〜イ❣️」
ご馳走様っ‼︎

ビブリア古書堂シリーズ、第7作目はシェイクスピアのファースト・フォリオをめぐる人間模様を描く。
当初は栞子さんの周囲の人々に起こる事件がメインテーマだった本シリーズも、本作ではいよいよ核心である栞子さんの家族の確執に決着がつく。
好きで好きで、周囲の人を不幸にしてでも手に入れたいものがある人の幸、不幸。
自分も周囲の人も不幸にしないために、必死で踏みとどまろうとする栞子さんと、それを支えようとする五浦くんと。
二人は、それが叶わなかった父や母、祖父母たちの無念を昇華させることはできるのか。

本書ではわかりやすい悪役が登場し、おかげで栞子さんのお母さんの暗躍でここ最近もやもやしていたものが晴れるような展開。
シリーズ本編は一旦完結し、今後はスピンオフや前日譚・後日譚が描かれるとのこと。
お気に入りのキャラ志田さんの物語も期待できそうな予感が。
まだまだ楽しみは続く。

栞子さんの可愛い部分があんまり見れなかったなー。ストーリーとしては、大円団なのだろうが、いろいろと物足りない。6.7巻と間を空けて読んでしまったからなのか。ちょっと残念でした。

シリーズ7作目

ビブリアの女店主 栞子さんのお母さん 一体何者?って考えてしまうくらい凄すぎてかえって怖い
栞子さんの鋭さというか推理力というか そういうのはお母さん譲りだと言うのがよくわかります

今回でシリーズは終了で いつかスピンオフみたいなのが出るらしいです
楽しみ!

このシリーズで古本屋と古本の知識が増えました。
スピンオフが出たら読みたいです。

なんとしてでも読了したかったから最終巻だけ購入。「覚悟が全て」という言葉が最も印象的で、今でも迷った時などはこの言葉に救われてます。
中学の時に初めてビブリアを読んで、それまでは恋愛小説ばかり読んでたのが、もっといろんな本を読みたいという気持ちにさせてくれました。
ドラマも好きで何回も観てたけど、実写化も楽しみ!絶対観に行きます!

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderIcon user placeholder56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b7ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b72a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed 31人

三上延の本

ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット

ビブリア古書堂の事件手帖 文庫1-6巻セット

Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

蟲文庫の店主とダブってしまう。 ----- 昨夜、7巻を読了。大変面白かった。隙間時間があったら読んでる...なんて久しぶり。 ----- 電車の吊り広告や可愛いカバーイラストには決して騙されないぞ、と固く誓っていたのだけど....駄目でした。面白すぎ。あっという間に3巻、もう少し楽しめそう。

1年前

C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b9060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028
江ノ島西浦写真館

江ノ島西浦写真館

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

自分の撮った写真で 1人の幼なじみの人生を壊してしまったため 写真をやめてしまった主人公 誰かに背中を押してもらうきっかけがあって 幼なじみともう一度会うことで 前へと一歩踏み出せて 良かったと思う

約2年前

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778
この部屋で君と (新潮文庫nex)

この部屋で君と (新潮文庫nex)

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

『同居、同棲』をテーマにしたアンソロジー。いろんな作風があって、全体的には楽しめる。朝井リョウ作品はじめてだったけど、若い頃のイヤなすれ違うとかを感じさせるから、苦手だ。

約3年前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849