51g0uxy7prl

天下無敵の妄想体質作家・三浦しをんが贈るミラクル・ダイアリー・エッセイ。 続き

コメント

「尾篭な話」だそうです。本人が恐縮する程どーでもいい話なのか、ただの謙遜か。
他人の日記など、まさしくどーでもいいのですけれど。どーでもいいけど、笑えます。
漫画(特にBL)が大好きで、汚部屋で、携帯使えない。という三浦さん。すごーく身近に感じて嬉しいのと。大丈夫か⁉︎という気持ちと。。。カオスの中で、素晴らしい作品を産んでいる不思議を感じました。
雑多に読んでいるであろう本の量は、多いのではないかと、推察致します。実際、講演会でお話を伺ったこともありますが、「そのまんまのお人」であります。
「そのまま」というのは、この日記のような方であり、素敵な本を産み出す作家さんであるということです。
妄想するならば、彼女と同じクラスで「コッソリ三浦しおん観測日記」をつけている、影の薄い女学生ーという立ち位置で居たいと思っております。笑

読者

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737D46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efB202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8Icon user placeholder479af8d6 29ae 45ce b76b 4f442e7737e9Icon user placeholder 11人

三浦しをんの本

ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

約1か月前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fIcon user placeholder71dbc460 3961 49ff 9cd5 df04b18836e1 50
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

ゆるやかな女4人の日常を描いていて、何だかこの暮らしに憧れを感じてしまいました。楽しそう。 親族でなくても家族。 同じ空間にいて「いってきます」「おかえり」が当たり前にある家。それって最高! ファンタジー性もあって面白かったです。 私たちはすでにこの世にはいない多くのものに見守られながら生きている。 最後にそう教えてもらいました。どうもありがとう。

4か月前

3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaIcon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 39