Btn appstore Btn googleplay
51fckyoo4ol

コメント

まふまふさんの曲好きなので買えて嬉しかった!(意味不な感想)

読者

3ae2062d 3732 42e7 800e 399071bcf957

新刊

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

僕はまた裏切られたのだろうか。 といっても、僕はハルキストではない。これは前にも言ったと思う。それを聞いて君は残念に感じるかもしれないし、何も感じないかもしれない。でも今気にするべきはそれじゃないんだ。 さて。 第二部の前半は村上春樹の物語に浸っている実感があった。 喪失感を抱いた主人公、ミステリアスな登場人物、不思議な存在、幻想と現実の狭間、パスタ、ジャズ、CD嫌い。 これらは全てが村上春樹小説が村上春樹小説たらしめている記号でもあり、これらに存分浸ることができる。 しかし、中盤以降は現実原則に即した物語になってしまう。 そして最終的には何やらハッピーエンドっぽい感じになってしまう。 ハッピーエンドは暴力的であって、『騎士団長殺し』も忘却を含めた暴力的な帰結を見るように感じた。 この暴力的な帰結、ハッピーエンドは『1Q84』Book3と類似しているようでもある。 ここで、僕はまた裏切られたのではないか、と感じてしまう。 裏切られたと言ったけど、僕はハルキストではない。 僕がハルキストであることを否定すればするほど皆、君はハルキストだと言うんだ。どうしてなんだろう。よくわからないな。 バイ・ザ・ウェイ(by the way) 裏切られたと感じた反面、この『騎士団長殺し』はこれまでの村上春樹の主人公=「僕」のその後が描かれたのではないか、とも感じる。 謎の日本画家雨田具彦からは、これまでの村上春樹小説(『風の歌を聴け』から続く「僕」や『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』の「私」といった「僕」たち)の影が見える。 世界を激変させうる出来事(本作ではナチス要人の暗殺)と個人の糧(本作では画家)がリンクし、喪失感と不思議な冒険と失望。 これが多くの村上春樹小説の「僕」たちだったし、雨田具彦からはこうした体験をした「僕」の影を感じる。 そして、これまで「僕」たちが解決できなかった諸々、羊男との対話や「記号士」との決着やらやみくろだのリトルピープルだのの処理だの残したことも多かったはずだ。 雨田具彦も同様、ウィーンの地で喪失感を感じ、イデアなる不思議な存在と接触し大冒険の末に帰国、イデアなのかやみくろなのかジョニーウォーカーさんなのかはわからないけど世界又は個人を破壊しうる存在を自宅裏の祠に封じ込めて残りの人生を歩んだのではないか。 思えば、第一部には雑木林の中でねじまき鳥を思わせる鳥が鳴く描写や、そもそも井戸と騎士団長の穴には親和性を感じるし、そもそも『どろぼうかささぎ』(ロッシーニ)と『ドン・ジョヴァンニ』(モーツァルト)はオペラという共通点もある。 こう考えると、そういった僕たちがやり残した諸々を偶然発見してしまった第二世代の僕が今回の主人公だったのではないか、などと感じるところもある。 何はともあれ、やっぱり村上春樹らしくないところもありつつこれまでの村上春樹らしさの影も感じられる物語だった。 でも僕はハルキストではないんだ。 やれやれ、いったいどうすれば僕がハルキストではないと信じてくれるんだろう。

約2時間前

C1de9418 6639 4a37 b91d a8972310554dE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec7c1dc9c5 4e7b 4e9c b2da 83d8eaeda652 126
マイ・ブロークン・マリコ

マイ・ブロークン・マリコ

6eca0fd4 5815 4b69 aea4 f72472d492d5

ma

たくさん泣いて笑います コメント…

「ううん マリコ あんた何も悪かない あんたの周りの奴らがこぞって あんたに自分の弱さを押し付けたんだよ」 シイちゃんが走る。ただ走る。大切な名前を何度も何度も呼びながら。なんで死んじゃったのって泣きながら。たったひとり、マリコを想って躊躇いなく腕を伸ばし、どこまでも飛んでいけてしまうシイノトモヨという人間の誇り高い魂が、ずっとずっと彼女自身の行く先を照らしていってほしい。そうしたらきっと、マリコも笑っていられるだろうから。

約3時間前

奇跡の人 The Miracle Worker

奇跡の人 The Miracle Worker

6eca0fd4 5815 4b69 aea4 f72472d492d5

ma

たくさん泣いて笑います コメント…

「アンはほんとうにきらきらしたものを見るのが好きなのね。光り輝いているものが大好きなのね。だから、あなたの顔は、いつも明るい方を向いている。それはとてもすばらしいことよ。なぜって、あなたはきっと、あなたの人生において、いつも明るいほうへ、明るいほうへと向かっていくでしょうから」

約5時間前

Ee29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e62383d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786dIcon user placeholder 53