510qa3olqul

第1部 はじまり(生命を吹き込む ピクサー誕生 より長く、より遠く ピクサーらしさ) 第2部 新しいものを守る(正直さと率直さ 失敗と恐怖心 貪欲な野獣と...
続き

コメント

本当に、心から面白かった。

今までビジネス書って実は読んだことがなくて。でも、転職後の仕事がうまくいかなくて、働き方をきちんと考えたいと思い、自分の興味のある分野の本から手をつけてみました。

著者エドの幼い頃の話から会社設立そして現在までの話、会社での取り組み、会社での精神論、またその精神論をどう行動に移すのか、最後にスティーブ・ジョブズへの想いが語られています。全てが本当に面白かった。

今や誰もが知るピクサー。本当に偏見なんですが、創業当時からホワイト企業なイメージだったんです。でも、そんな訳がない。数々の危機(もちろん危機エピソードも満載)を乗り越えて、選択をして、今のピクサーがあって、今だってたくさんの問題と対面している。
読んで思ったのは、誰しも完璧ではないということ。完璧な会社もないということ。そして会社も人も変化して行くということ。どんな場面だって、失敗して学んでの繰り返し。それを正しく受け止め処理できる人が多ければ多いほど、会社は成長するのでしょう。表面上は理解していたつもりですが、自分の認識は間違っていたのだと、腑に落ちました。

書きたいことはたくさんあるのに、とても書ききれない。自分の言葉が拙すぎて、もどかしいです。
ただのビジネス書ではなく、物語として読めるちょっと変わったビジネス書です。少しでも興味を持った時は、ぜひ読んでみてもらいたい。
そして語らいたい笑

その他のコメント

ピクサー社長による、創造性と組織をめぐる本。いっけん対立する両者を、ピクサーがどう成立させてきたか、興味深い話ばかりでした。

協働において率直であることの大切さを気づかせてくれる一冊。話が進む中で失敗の描写が多いのも、妙な親近感が湧いて良い。

読者

Icon user placeholderD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31Icon user placeholder1cdb2a9c 737e 4830 baac 6fa336e724afE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1Icon user placeholder3d990932 8e80 440a 9d91 2aae67083b50Icon user placeholder 54人

ビジネス

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである と、言われるものの、既存の要素を使える形に料理出来るようになるまでには、それなりの考え方の訓練が必要。 というわけで、発想法の基礎トレーニング集的なエッセンスが詰め込まれているのが本書。こちらは基礎編らしいので、もう少し整理が出来たら、その先にも進んでみるつもり。

2日前

菜根譚

菜根譚

0b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf5

岩田昂士

読んだ本しか登録しないのだが、全…

9/10点 素晴らしい。 内容には触れず独断採点のみ書くスタイル。

4日前