510qa3olqul

第1部 はじまり(生命を吹き込む ピクサー誕生 より長く、より遠く ピクサーらしさ) 第2部 新しいものを守る(正直さと率直さ 失敗と恐怖心 貪欲な野獣と...
続き

コメント

その他のコメント

ピクサー社長による、創造性と組織をめぐる本。いっけん対立する両者を、ピクサーがどう成立させてきたか、興味深い話ばかりでした。

協働において率直であることの大切さを気づかせてくれる一冊。話が進む中で失敗の描写が多いのも、妙な親近感が湧いて良い。

読者

B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da349775184 e974 4c35 b8d8 b9130a8c15f1Icon user placeholderEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d666279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b4dea3bd3 5e23 45a7 a0ec bec954b78051C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b 84人

ビジネス

会話は、とぎれていい

会話は、とぎれていい

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

題名のように、会話はとぎれていいって言われると少し楽になる。一つの章自体も短めで読みやすい。タモリさんやマツコ・デラックスさん等の話が書かれていたりするので裏話的な視点でも面白い。

7日前