41p5rncbv9l

だって、僕たちはつながってる。厳しくも美しい自然に囲まれた場所で、少年はかけがえのないものを知る。命のきらめきを描き出す、渾身の一作。新しい小川糸がここに。 続き

読者

6d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e

小川糸の本

卵を買いに

卵を買いに

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

3か月前

56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd
ツバキ文具店

ツバキ文具店

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

親の心子知らず 失くした後に気づいても、遅いけど、 遺してくれたものがある 紙に書くって心の整理になるのかもしれない 鎌倉に行きたくなります

7か月前

Cc0a6a0c 56f8 4fae 9105 bc862804331dB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f40402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 90
ミ・ト・ン

ミ・ト・ン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

各国それぞれにいろんな風習や考えがあって 本書はラトビアという国がモデルになっていて 国の全ての人がいろんな場面でミトンをはめている 女性が編み 旦那さんや両親や親戚、はたまた近所の人にまで 作ってプレゼントする 日本でいう八百万の神と同じで 物にもその辺にある石にも全てのものに神が宿っているという考えから ミトンに願いを込めて神の模様を編み込んだりしている 物があまりなくても心豊かに過ごせるのは 神への信仰や感謝の気持ちがあるからでしょうか

約1年前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc23221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5 26
キラキラ共和国

キラキラ共和国

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

前作とともに何となく読まず嫌いしていてもったいなかったなぁ。美味しい食べ物が出てくる小説は内容もいいと思っています。美味しいものたくさん、好きな文房具もたくさん。キラキラってどうなのよ〜と思っていたのですが、前作の『ツバキ文具店』を読んで納得でした。

1年前

Fa2524bc 2942 469e b5c1 6e96c640b5cb9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b 78