61dm8f%2btgsl

作家の創作への想いをインタビューした「TricksterAge」の連載企画『ファンタジーへの誘い』が1冊に。堀川アサコ氏、河野裕氏、谷瑞恵氏、岡崎琢磨氏、... 続き

コメント

インタビュアーとして執筆に参加しました。今をときめく売れっ子作家さんたちに、読んできた本やデビューに至るまでの経緯、どんなふうに執筆しているのか……などなどをうかがいました。ファンの方にも、作家を目指す方にもおすすめですよ。

読者

26ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae43d1a1cb 7eaa 4359 92af 3c5685e8879fEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholderB67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8 6人

文学

パズル崩壊 WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95

パズル崩壊 WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

いろいろな切り口から成り立ってる短編集。宮内悠介が影響を受けたという『カット·アウト』が良作でした。法月綸太郎が出てくる作中の工藤俊哉って誰だっけかな。確認しよう。

1日前

崩れる脳を抱きしめて

崩れる脳を抱きしめて

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

知念実希人さんの本は死神シリーズでしか読んだことがなかったのですが、あの暖かい感じが好きで今回も読んでみました。 結構大袈裟に伏線はられてるところが好きです笑 私みたいな鈍感者でもいやいやそれって。。って考えられる。巧妙な推理小説だと自分で推理することはまずできませんが、知念さんの本はそれがちょっとできる。そういうところが好きです。 今回、帯の通り最後の20ページまで真相が明かされません。でもその最後に主人公が学ぶことって、私達が生きていく上でも決して忘れてはいけないと思うんです。人の死って本当に悲しくて辛いことですが、それに寄り添う優しさをとても上手に書いている作品だと思います。

2日前

4c536203 10e6 47f8 805f a11471e72d76184f0dd6 0aa3 4da5 8d62 c708d148d8cbIcon user placeholder 24