517ej8sbdrl

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親... 続き

コメント

家族の中の常識でがんじがらめになってしまう子供。誰にも知られることがなく、病んだ大人になってしまう。
出逢わなければならない相手に、出会えなかった子供。
事件に絡めて真壁先生の人生が語られて、読者を引っ張っていると思う。
出会えた人と出会えなかった人の対比が虚しかった。
事件を多方面から問題定義しています。
以外に読後感はスッキリです。

その他のコメント

島本理生の最新刊。
もちろん発売日に購入。

読み終えた感想はと言うと、正直うまく言葉が見つからないな。

生育環境や多感な時期に受けた影響って大人になっても、というか大人になって意味が分かってから更に傷が抉られるもの。本当は不快なことを、辛いことをされていてもそれを口に出すことはできず、「だけど自分に責任があるから」と受容するしかない。それも無意識的に。むしろ、相手の期待に応えなきゃと喜んでいるフリをする。悟られないようにする。それは大人になってからも、習慣が抜けきれずにしてしまう。

こんな辛すぎることって、ない。

でも、そうしないと自分が、今、生きていくことができないからだ。壊れるからだ。傷ついてるということを自覚してしまったらまともに立っていることはできない。

闇と病みしか感じない、そんな中「涙を流さずに泣くことの意味」坂口健太郎の帯コピーがうまいこと突いてる。

それにしても島本作品は性的被害や虐待(もしくはそれに近いもの)にあった女性、というものがよく出てくるような気がする。あと、凄く結びつきが強い男女なのに、恋愛ではない特別なやや歪とも言える関係。

迦葉は島本作品っぽい危うい雰囲気のある男性で、我聞は島本作品らしからぬ良い男だった。ラストは包み込むような希望、痛みもあるけど良い作品でした。

ミステリのようでもあり、「真実は何か?」「嘘を言ってるのは誰だ?」と思わず読みふけってしまった一冊。ただ、タイトルとの繋がりが最後までわからなかった。今度、作者と精神科医によるトークショーがあるので楽しみ。実に興味深い。

殺人事件のサスペンスであり、幼児体験に隠された闇を解明するサスペンスでもあり、複数の人間の過去が明かされる。さすがです。

読者

Ac789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbca58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4ccA84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b3409Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150aC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4d53c115a0 3a83 4299 91d4 bd9e15151685Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d 88人

島本理生の本

あなたの愛人の名前は

あなたの愛人の名前は

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大人の屈折した恋愛ものを中心として大人の繊細さを描いた全6篇。 対の作品になっている2篇の女性と男性が私の苦手で息が苦しくなった。 それぞれのその人にとっての存在感を感じる、その一瞬を描いている場面が好きだ。

8か月前

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B893b65e a6fc 467c b489 37f8d4957c4dIcon user placeholder 24
夏の裁断

夏の裁断

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

女性が受ける日々の小さな暴力だとか、それを引き寄せてしまう主人公にモヤモヤしながら読んだ。書き下ろしの短編に救いがあるので読了できた気がする。

約1年前

Icon user placeholderEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be 15