51qkzavdxhl

「なあ、この曲はちゃんと誰かに届いてるのかよ?」売れないロックバンドが最後のレコーディングで叫んだ声が時空を越えて奇蹟を起こす。デビュー第一短編から最新書... 続き

コメント

伊坂幸太郎の短編集。
表題作「フィッシュストーリー」は、人並みの正義感を持った青年、ハイジャックに遭遇する女性、解散間近のバンド、ネットワークの専門家への取材、といった四本の話がビシッと繋がるという、まさに伊坂幸太郎の真骨頂といった話。爽快な読後感を感じることができる。
また、「ポテチ」という話には、「黒沢」をはじめ伊坂作品では常連のキャラクターが登場するため、何冊か伊坂作品を読んでいる人には一層楽しめる。

その他のコメント

伊坂ワールド中の何作かとリンクした物語。

読者

297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1Icon user placeholder0b5c0687 b22a 45d8 9a47 c37952097ec0883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb4499b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d42efc644 a74b 4417 9cb6 591a185787dc 10人

伊坂幸太郎の本