51qkzavdxhl

「なあ、この曲はちゃんと誰かに届いてるのかよ?」売れないロックバンドが最後のレコーディングで叫んだ声が時空を越えて奇蹟を起こす。デビュー第一短編から最新書... 続き

コメント

伊坂幸太郎の短編集。
表題作「フィッシュストーリー」は、人並みの正義感を持った青年、ハイジャックに遭遇する女性、解散間近のバンド、ネットワークの専門家への取材、といった四本の話がビシッと繋がるという、まさに伊坂幸太郎の真骨頂といった話。爽快な読後感を感じることができる。
また、「ポテチ」という話には、「黒沢」をはじめ伊坂作品では常連のキャラクターが登場するため、何冊か伊坂作品を読んでいる人には一層楽しめる。

その他のコメント

特に好きなのがポテチ、こんな比喩表現があるのかと。

読者

A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be506986F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder6b59208a 65bd 4df9 9c71 e760fae7dad7297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1Icon user placeholder0b5c0687 b22a 45d8 9a47 c37952097ec0883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 14人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

24日前

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce480d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aD181d416 5cba 483b 89b7 217f90e75a50 85
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

3か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 20