51jv hdh1fl

コメント

ぼくは、魅力的な女性が出てくる作品が、好きなようです。
短編集の中の「氷の宮殿」という作品のサリーキャロルという女性。

非常に魅力的です。

内面に疑問を抱きながら、どこか大きく構えている。

町を出たくなる。
町にいると、肺で柑橘類を絞ったような、いてもたってもいられない気持ちにさせてくれる。

とても、好きな短編です!

その他のコメント

フィッツジェラルドの描くやる気のない気怠いお金持ちたち。装丁がフィッツジェラルドぽくて好き。フィツジェラルドなのか!

フィッツジェラルドほぼ初体験。
アメリカ南部に住む人と北部に住むの人の違いは、何となくわかるような気もするけども、もうひとつピンと来なかったのが残念。
後半に収録されている「泳ぐ人たち」「バビロン再訪」は楽しく読めた感じ。
良い短編集に出会えたと満足に思っている。

読者

E33c5665 ee0f 46b7 9f5d e0a7408efad1Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e25ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fC8cfd1ed a73b 4339 ab32 f6e86172cb6aF28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740aD6bcc074 cee6 4950 90a5 fba82837759875dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab153b0558b 33d5 4886 b47e 19cabba99351 9人

文庫

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

米原さんはとても強い人だ。 共産主義者の父のもとに生まれ、プラハのソビエト学校で長く少女時代を過ごした著者による(たぶんほぼ)ノンフィクション。 ソビエト学校の友人たちとの懐かしき日々の記憶を丹念に描く。 そして彼らの居場所を執念で突き止めた先で、 酷くも愛らしい、非情な現実を知る。 悲しい。しんどい。 でも、この歴史を忘れちゃいけない。 歴史の下で生きざるを得なかった人たちの健気さを、なおざりにしてはいけない。

約16時間前

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a61e53a8e2 b343 4765 b896 1fe6f18b49d538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 44
親鸞(下)

親鸞(下)

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

よくでき過ぎてて、将来親鸞の本当の人生と思われてしまうかも。面白かったです。

3日前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fD70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

A31d033d 6734 4b2b 927c eed1939665a3

NS

美しい日

きっと透明感がある、茶目っ気のある、素敵な女性なんだろね。 描写がいちいち美しくて、 高寿(タカトシ)君と愛美(エミ)ちゃんのささやかな日々は、潤いと愛と思いやりに満ちていたなあ.. 2019/05/18 土

3日前

5ccce948 fb39 470d b106 d50c34d573e13058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f49095b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140ed 375