51aysgtteql

コメント

「私は身の毛がよだつほど嘘が嫌いである」という一行目から嘘をかましてくる写真大喜利の一冊。
写真を見て妄想したことを書き連ねているだけなのだが、流暢に語られる嘘の数々は笑いを誘う。適当にふざけているようでいて、リズム感を大切にした少々古風な文体は流石、町田康である。

読者

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

町田康の本

ギケイキ2 奈落への飛翔

ギケイキ2 奈落への飛翔

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

前作が面白かったので手にとってみた。簡単に言ってしまうと義経記の現代語バージョンなのだが面白いのは語り手が現代に生きる?義経、というところ。この作者が凄いのは普通は「この義経はこういう設定」と説明したくなると思うのだけど、語り手が生まれ変わりなのか霊なのか、はたまた何かなのか、というところは何もなく淡々と900年前のことを義経に現代語で語らせているところ。日本の古典には面白い作品がいろいろあるけども現代語版は訳が硬かったりまたはそのまんまだったりでとっつきにくい。更に古典でありがちなのは心理描写が少ないところで、ここではそういう行間も「やだなー」とか「ムカつく」とか平易に描かれていて凄く面白い。本作では頼朝との対面から平家滅亡がほぼ数ページで片ずけられて、土佐合戦から義経が吉野に逃げて静と別れるあたりまでが描かれていてまだまだ先がある感じ。次作がとても楽しみ。

2か月前

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b25e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9f883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093