51aysgtteql

コメント

「私は身の毛がよだつほど嘘が嫌いである」という一行目から嘘をかましてくる写真大喜利の一冊。
写真を見て妄想したことを書き連ねているだけなのだが、流暢に語られる嘘の数々は笑いを誘う。適当にふざけているようでいて、リズム感を大切にした少々古風な文体は流石、町田康である。

読者

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

町田康の本

ギケイキ2 奈落への飛翔

ギケイキ2 奈落への飛翔

76440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0

ばっとうさい

色々なジャンルの本を読みたいです…

待ってました。第2巻! 実兄の頼朝との再会から話は始まる。 現代のヤンキー言葉で語られる『ギケイキ』だが、当時の人間模様が活き活きと伝わる。 早く次巻が読みたい!

15日前

湖畔の愛

湖畔の愛

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

恋愛小説では、ないかもしれない。 舞台のお笑い劇場を見ている感じ。 自分の読む間が面白くないと、笑えないかなぁ。

約1か月前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf929336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92