31a9pnfg77l

なぜ、弱さは強さよりも深いのか?なぜ、われわれは脆くはかないものにこそ惹かれるのか?"「弱さ」は「強さ」の欠如ではない。「弱さ」というそれ自体の特徴をもっ... 続き

コメント

弱さは等しく過激だ。

そんな出発点からはじまる「弱さ」の物語。

21世紀初頭にでた本書は、今世紀の『老子』をおもわせる節がある。

フラジャイルゆえの「きわ」「あいだ」「むすび」が、たまたま交差する舞台が編まれない限り、「強さ」とともにヒトは滅びてしまうに違いない。

金や身はもちろんのこと、心も魂でさえも禅から眺めれば凡て借りものである。

この世は限りなく無に近いフラジャイルの白昼夢に過ぎない。

まずは息をはき、弱さを眼前に添えることである。

#リジチョー。

その他のコメント

「強靭なもの」に憧れるのに、愛してしまうのは「弱さ」

読者

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793Icon user placeholderD560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b263c3665 795c 4322 9937 796679ce6729 4人

松岡正剛の本

謎床: 思考が発酵する編集術

謎床: 思考が発酵する編集術

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

読了。「自分の頭の中にあるものの面白さをどうやって人に届けたらいいのか」「話が飛ぶと言われても自分の中では一気通貫の話を最後まで語りたい」といった内的な部分と「インターネットってこんなものだったっけ?」「他メディアの首長がそこの権威でのしていくのがインターネットだったんだっけ?個人の発信はどこにいくのか」といった気持ちを「持ち続ける」ことにも意味があるだろうと思える一冊。もちろん、本読んで、いろいろとりこんでとりこんで進んでいく、ということなしには語れないのだが。

12か月前

6ab891a6 f609 45d0 8a9c ae566560844b89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e79e49237 2c0c 4e1a abb5 f56e82e2db84