61dt7niuvdl

コメント

椎根さんのインタビュー記事が魅力的でたまらない。かっこよくてときめきました。この時代の雑誌を読んで青春を過ごしてみたかった!
神保町へバックナンバー探しの旅に出ようと思います。

読者

A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9Febe3a4b d7eb 47dc 94ac 6c8bfc2cd7e5

新刊

「すぐやる人」の読書術

「すぐやる人」の読書術

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

行動することに重きを置いた本。 確かにそうだよなと何となく思ったり、これまでに実践してきたことを文章にしてまとめてくれている。 「インプット後すぐにアウトプットする」というのは分かってはいるんだけど、強く意識しておかなければなかなか継続する事は出来ないなと感じた。 本書の中にあるアウトプットの基本(USA)やDCAPという考え方は実際に継続して行えるようになれば効果は出てくるのかもしれない。 物事を継続するためにはどうすれば良いのか、ちゃんとヒントも書かれていたので、先ずは実践しながら自分でも試してみるのが良いと思う。 小さなことからでも実践して行く事で、この本を読んだ意味が積み上がって行くのだと思う。 すごく読みやすい。

約20時間前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e98c5f52e4 60a2 4cad bf82 b8b17396c107Icon user placeholder 8
幸せとお金の経済学

幸せとお金の経済学

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3

Sue

本と絵が好き

こういう本は久々に読んだのだけど、すごく面白かった。 この本においては、「財」は以下の二つに分類されている。 「地位財」・・・他人と比較したときの相対的優位によって価値を持つもの。家、所得、車、腕時計やジュエリーなど。 「非地位財」・・・他人がそれを持ってるかどうかに関わらず、それ自体に価値があるもの。安全、良質な環境、健康、愛情、人間関係など。 この本では、富裕層・中間層・低所得者層の格差が開いていく中で、地位財競争の水準は吊り上がっており、地位財から効用を得るために非地位財に使うお金を削らざるを得ない中間層の悲劇を指摘して、経済政策はどうあるべきかを論じている。 政策のこともさながら、自分が買い物をするときのポリシーとかお金との向き合い方とか自分が何を大事にしていくかについても、考えさせられる本だった。

2日前

7c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14041946ed 4d51 4c3b a9bd 1ada4a0a69afAaaf7ea1 98d8 4d6d b9c9 d19f4308a4fd