41arskq1x7l

散文の可能性を広げ、現代小説の礎を築いたフローベール。女性の不倫と破滅を描き裁判沙汰になった『ボヴァリー夫人(抄)』から遺作『ブヴァールとペキュシェ(抄)... 続き

コメント

「ただ、恋をしてみたかった。」
厚さ3.4センチ、850ページのマスターピース。ボヴァリー夫人の抄ほか、普段読もうとは思わない小説を収録。

読者

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ギュスターヴ・フローベールの本

ボヴァリー夫人

ボヴァリー夫人

De88307d 1012 4c10 a10d 243fe62b8355

Kana

1989年生まれ、書籍の編集をし…

読書会のために読了。不倫、借金、だまし…平凡に見える田舎での生活が、主人公エンマは退屈で不幸にしか思えず、破滅に向かっていくすがたが痛々しかった。

3年前

Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382A11727a7 c5d5 45b7 954e 4f3ef679b64679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7