51hcodyunwl

生活者そして知識人としてのデザイナー12年間のクロニクル。 長年にわたりブックデザイナーとして活動し、デザイン、写真、映像についての批評でも知られる著者... 続き

コメント

0077
2018/11/18読了
どんなことでもデザインにつながるなー。
生活の中での気づきが私は少ないな。
全部日常になってしまっている。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 3人

鈴木一誌の本

想像力博物館

想像力博物館

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745

La gazette du Livre

とても偏愛に満ちた書籍ばかりを連…

本当に、こんな博物館があったらばと想像します。構成力から密度まで、様々に素晴らしい本。

3年前

ページと力―手わざ、そしてデジタル・デザイン

ページと力―手わざ、そしてデジタル・デザイン

1972d697 9db8 4970 a13e 5abb2da94cb6

Shudai

本と雑誌の雑食。

主に文字、書物に関してとはいえ、デザインに対する真摯な姿勢と考え方、見方はおそらく多くのことに通じるのでは。 ここにある内容は、基礎として考えておくべきことなのかもしれないけれど、時代もあってかすっぽり抜けている人も少なくない気がする。自分の反省も込めて。 ドキッとするような一言があちらこちらに。 「ほんとうに「テクストは文字の集合」なのですか」にはちょっぴりドキッ。 (浅学なことを承知で言えば、ポランニーの暗黙知を思い出した。) 滲み、差、グラデーション、配置、編集!

3年前