51fwcmcjggl

イギリスの作家ロバート・ウェストールの作品集。大戦下の少年たちの友情と恐怖を描く「ブラッカムの爆撃機」の他、「チャス・マッギルの幽霊」「ぼくを作ったもの」... 続き

コメント

イギリスの爆撃機、ウィンピーに搭乗する若い兵士達が聞いた声は……
ウェストールは人間の良心をひたすら信じ、描きます

読者

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921845fd0a7ea d0f2 45ee a4e3 7058bfcfafee

文芸

海のある奈良に死す

海のある奈良に死す

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

有栖川有栖4冊目 タイトルは惹かれる 途中まではワクワクした うーん、解決が好きじゃない 期待が高かっただけに残念 短編集の方が好きかも

約17時間前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70935c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdB13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f
准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき

准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

怪談奇談はある方向から見れば大概は人間が起こした犯罪である 本物はほんの一握り 人はわからないことに恐怖を感じるから納得のいく「解釈」をすれば安心する 民俗学を教えるイケメン准教授の高槻先生はそう言う 確かにそうかもしれない そんな先生と共に行動するようになった生徒の深町くんは小学生の頃 不思議な体験をした 同じように不思議な体験をした先生と 一緒に互いの経験を調べようという事になった 怖い経験が必ずしも怪談ではなく犯罪紛いのことであるとしても どっちみち経験したくないことには変わりないなぁ

約19時間前

Icon user placeholder22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783
マンハッタン・ビーチ

マンハッタン・ビーチ

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

第二次世界大戦の混乱の中にあるアメリカで女性潜水士を目指す主人公アナと、彼女の人生に影響を与えた2人の男の物語。 1人は母とアナ、障害のある妹を残して5年前失踪した父エディ。 そして父の雇い主で、その行方を知っているはずの男、ギャングのボスであるデクスター。 父の行方探しと、当時は前例のない女性潜水士を目指すアナの挑戦と成長という2つのテーマを主軸に、なぜ人は時に大切なものを見失ってしまうのかという問いが繰り返される。 著者は、当時のニューヨークの街や裏社会のディティールを、3人それぞれの視点で音が聞こえ匂いまでしそうなくらい丁寧に描き込み、読者を深く深く物語の世界に誘う。 それは、まるで潜水士がひとりで海底に降りていくような、忘れがたい、誰とも分かち難い幻想的で不思議な体験だった。

1日前