414p0a99ckl

日本を代表する下着メーカー・ワコールがおくる、ブラとパンツにまつわる素朴な100の問いかけから浮かび上がる、みんなの奥深き「ホンネ」と「ふつう」  20... 続き

コメント

読者

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373396cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholder4fb649ba d255 4601 85ab e9c83a1673b99f3b0d6c 6c30 49dc 9108 9b86b6db32c9E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40 7人

暮らし

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

自分に対する他人の評価をそのまま受けとめる必要はないのかもしれない。相手には相手の事情があって発言している場合もあり、発言の背景を慮ること相手を遠い存在と感じなくても良くなるようにもなる。 他人を気にするということは、なによりストレスのあらわれ。相手から親切にされたことを思い出したり、普段からノートにつけておくというのも自分を守るために必要な手段だと感じた。

2日前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520A19d1fd2 5316 4ff6 8225 ad2a4b5f7ac879887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 13
「疲れないからだ」のつくり方

「疲れないからだ」のつくり方

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

時々読み返す本の一つ。 自分のからだを大事にしようと思ったとき、いろんな本やテレビ番組やネット記事なんかが溢れていて、どれが正しくてどれが間違っているのかわからなくなって。いろいろ試して、結局ここに帰ってきている気がします。 この本では、女性の体のリズムと排泄を主眼において、疲れを溜め込まないための方法が書かれています。「ああ、確かに」と読んでいて納得できるので、試してみたいという気持ちになります。 ちゃんと出てる時って、ちゃんと巡ってる気がする。っていう私の実感にとても近いんです。

4日前

0e6786ca eb76 47c2 84d1 5ff90010323bB5e9b87d c16c 4f73 a605 d03cfa1bec86Icon user placeholder