41%2b0r2988kl

コメント

その他のコメント

ブラフマンがどんな生き物なのか分からないまま最後まで話は進む。ブラフマンがホントに可愛い。

喪失感。色々な読み方が出来るけど、まず最初に読み終えて心中にひろがるのはこの感情だ。

読者

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991C27c0d60 7486 4268 a856 d2fd734e0e1227443808 43ee 456c 9f78 08885dbadd85E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d11615477185dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2D70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba3639a5c57b 21e2 4ea5 919b 7cb7bdcbf9e3 8人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

3か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

4か月前

6b235e15 d518 47e4 92fc 833f3badd0ef677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 9