41kbvpxcuwl

コメント

架空世界の街のちょっとしたことのコラム集です。各話は3ページですぐ読み終わるものの、そのぶんの情感が読者に委ねられるところですね。どの話が印象に残ったか、せーの!で言い合いたいところです。
ただ円環状に連なる街(山手線みたい)を、1つ飛ばしに数回も紹介していくのなら、同じ街の話、あるいは街の感じなどが、もうちょっと有機的に関連していたらなあ…とも思っちゃったのは、ないものねだりの欲張りなのかもしれませんが。続編でそのあたりが…とも期待しつつ、雑誌連載は十年以上も前だから、少し厳しいかなあ。

2018/1/13読了
〈グラスと本〉なる酒屋に行ってみたい。本とお酒どっちも好きだし。でも、酔ってるとその間に読んでも覚えてられなくて結局読み直す羽目になるから、コーヒーと本の方が相性は良いんだろうなー。探偵の休暇の話も好き。架空の街の大人のおとぎ話。

寒い夜に毛布にくるまって読みたい。出来れば知らぬうちに夢の中へ

読者

871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f05cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acfE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Feac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549 15人

吉田篤弘の本

雲と鉛筆

雲と鉛筆

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

新書の形をしていますが、物語です。 作者がクラフト・エヴィング商會名義で作った『クラウド・コレクター』はお気に入りの一冊で、なんとなく繋がりを感じて購入。そのことについては、あとがきに色々書いてありました。 物語です。たくさんのエッセンスが散りばめられた寓話のようなファンタジーです。ありそうで実在しない街に住む、いそうでいない一風変わった男が主人公です。シンプルすぎるほどにシンプルな暮らしは、どこかに寂しさを感じます。その寂しさは馴染みのある寂しさというか…なんというか愛おしい寂しさです。たぶんそれは、物語の風景がシンプルで丁寧で、しかし一瞬のものであるという切なさに寄るのではないかと思っています。 私はこういう物語がとても好きです。 読み終わった後の静けさが好きです。

3か月前

F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba589c465e fab1 4512 8b45 316883084f6108a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0 9
神様のいる街

神様のいる街

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

神様がいる、「神」戸と「神」保町という街において、吉田篤弘さんが、まさしく神様から『いいか、今のうちに見ておけ』とけしかけるように言われ毎日を過ごした青年記。 本との出会いのある意味、理想の一編が書かれてある。

5か月前

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Icon user placeholder