41ojysxat8l

失踪した恋人アンナの行方を追うラファエル。元刑事マルクと調査を進めると、過去の連続少女拉致監禁事件や不審な死亡事故に突き当たり……。仏No.1ベストセラー... 続き

コメント

まさにミステリー。一人の失踪した妻を探すミステリーだが、伏線やギミックたっぷりのサスペンス。おすすめです。

「フランスミステリー」と「謎の女」のキーワードからピエール・ルメートルの「その女、アレックス」(死のドレスを花婿にの方が好きですが)読了後のような感動を期待して手に取りました。
全体の構成のうまさや伏線の回収の鮮やかさ、結末の衝撃度はアレックスに劣りますが、各章に付された名書からの引用や最後の詩的な手紙(ここで感動すらした)が魅力的でした。本来作者はミステリー作家でないというのも納得。それでここまでのミステリーを書けるなら素晴らしい才能と思います。
ただ、2018年の評判上位の作品なら、総合的にみて、そしてミランダを殺すの方が個人的に好きです(カササギはまだ読めてない)

読者

9056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec1063cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61668cd51a 5781 4bb4 8241 4a2ed76b4dc84f981a25 c9bc 40c4 a8ac 3d2d108773dbIcon user placeholder0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafdCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810 18人

文芸

罪の轍

罪の轍

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

オリンピックの身代金でこの時代を描いた著者による実在の事件をモデルにしたミステリ。 「誘拐」本田靖晴+「少年」大島渚の世界感というべきか。寛治の逃避行の先をもう少し見たかった。 カバー写真は傑作写真集「張り込み日記」渡部雄吉としっかりとした世界感はまさにプロの仕事。奥田作品によく出る やたら勢いの良いレフトの活動家も健在。「椅子に片膝を立て、足に水虫を塗りながら」P.46この場面どこかで見たか読んだ気がしたけど どこだろう。まさにこの時代にありそうな場面。 物語で重要な役割を果たす東京スタジアムその跡地は日光街道上り線千住大橋の陸橋で左の視界に入るのだが(ライフの看板が目印、通り過ぎる度にここがあの場所かと再確認する。 名選手榎本喜八もここでプレイしていたのかと感慨深い。そして現役引退後も上鷺宮の自宅からここまで走っていたのかと。

約22時間前

983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4Icon user placeholder060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08
白い僧院の殺人

白い僧院の殺人

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会に入会を機に、読書魂に…

2019 9月課題本 新訳で読みやすさを期待したが辛かった。やはりカーは苦手。 本格的な密室に必然性がいるとHM卿が講釈するが、暖炉の燃え具合の説明も後からで凶器もまた苦しい。しかしまぁ、楽しめたことも確か。見事に犯人間違えたもんね(笑) 古典ですからと言われると辛いがその口で現代の新本格を弾糾するのも如何かと思われる。 余談ですいません…

1日前