5148a9t%2b33l

うどん県やひこにゃんなどのPRを多数手がけ成功に導いてきたPRプロデューサーが、予算も実績もないブランドや商品を、いかにして社会的な「ブーム」や「文化」に... 続き

コメント

「ひこにゃん」などを手がけたPRプロデューサーのお仕事術。平均的国民の感性を持ち続けるためにチェックしているのは、ファッション感覚・スーパーの価格・テレビドラマなんだとか。NHKのドラマがあったからこそのPRプランもあって、なるほどーな感じです。
目線も軸足も常に地方にあり。そこから生まれる発想や、固定観念に凝り固まった人や職人との仕事から得たコミニュケーション術も参考になるかも。

読者

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a571941e4 2a7c 42b8 980d 652171f1833f

ビジネス

51wfo5hjyvl
09f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5da

女王稲妻

稲妻です。ピカピカ〜〜!

ためになる。1000万はともかく、できそうな気がしてくる本です。

約21時間前

51ovy%2bezoul
A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531

Yoshi Yasumoto

本を読むこと、勉強する事に逃げて…

明快。でも半分も理解できていない。置かれた状況で読み返そう。

2日前

51atm8lfbil
84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

生きるということは、選択をすることだ。 人は日々、与えられた時間をどう過ごすかを選択しなければいけない。 最初のうちは人に言われたことをやっていればいい。 けど、歳を重ねるにつれて、「君はなにがしたいの?」と聞かれるようになる。 その答えは自分しか知らず、他の人が与えられるものでもない。 「これがやりたいのかもしれない」「これ、楽しいんじゃないか?」 そういうアイデアを実行に移し、確信まで落とし込めば、答えは見えてくるのだろう。 この本のいいところは、その方法が具体的に書いてあること。 もっといいところは、そのやる気を引き出してくれるところだ。 こうして新しい考え方のツールを手に入れるたび、過去の人生の転機における心のダイナミクスが理解できるようになってくる。 同時に、未来に対して、僕は変わることができるだろうという希望を与えてくれる。 できるだけ早いうちに、中高生のうちから読んでもらいたい一冊。 僕は自分の生徒に、この本が読めて、かつその良さがわかるような土台を作ろうと思った。

3日前