61u4%2bpspxel

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したの... 続き

コメント

東野圭吾の作品で1番好きなミステリーの仕組みだったかもしれない。読み終えたと共に、なんとも言い難い、やられたという気持ちと爽快感が強かった。

その他のコメント

映画化されるとは知らずに買ったら1週間後くらいに映画化発表されてびっくりしたのは覚えてます。最後の最後でどんでん返し、最後の方は何回も読み返しました。

芸術が数字だけじゃなく人の記憶を含むということがメッセージだったと思う。それがうまく伝えられているかは議論の余地がありそうだけど、映画とは別に楽しめる物語!

読者

7bc0c2c1 5f15 48b7 87ab 7773cdfa201d6d026c70 e564 4a03 aef8 2ca376b424f1D7c37ab5 0e96 4d4e bb57 ca73765e1c8e8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba9056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec108f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fdD53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02B719567a 1d84 4d28 83f4 81c1e9725bb6 94人

東野圭吾の本

文庫 恋のゴンドラ

文庫 恋のゴンドラ

E8012c0c 762c 4d46 aef0 9a8ad6a6cfef

ナッツ

27歳/主婦/ミーハー

ひとつひとつの短編が繋がっているので2度楽しめます。時系列も読む順番通りなのでサクサク読めます。 登場人物が多く関係性を把握するのに少し時間がかかりました。どのキャラクターも個性的で、男性目線・女性目線どちらからも楽しめます。 スキー、スノボ経験者は、情景が浮かびやすくより楽しんで読めるだろうなと感じました。

12日前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9Icon user placeholderE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42 14
希望の糸

希望の糸

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

主役は違うが、加賀恭一郎の登場で嬉しかった。また会える☆ 歩んできた長い人生の中で、交わる糸を感じながらラストの言葉が気持ちよく響きました。 このシリーズの情の絡み合いが好きです。

約1か月前

Icon user placeholderC5024185 68ea 4afd 831a ff20192377e5B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 12
ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

交通事故で死んでしまった女。その事故に関係している人達の話。東野圭吾さんの作品は、最終的は悲しいけど、どこかで納得出来るような結末。と、思ってましたが、これは違いました。 それはそれで面白かったんですけどね。読みやすいし、内容がスッと頭に入ってきます。

8か月前

545bb696 0ced 4618 a74f a2e0fcca0cdaAce6a2d2 0963 4fb7 a2de 8e6e7c02c9362174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52 10