41iszcj sbl

どうして私はこんなにひねくれているんだろう-。乳がんの手術以来、何もかも面倒くさく「社会復帰」に興味が持てない25歳の春香。恋人の神経を逆撫でし、親に八つ... 続き

コメント

いまの現状から抜け出さなければいけないけど、生き方のスタイルを変えるのはなかなか難しい。

乳ガンの話は、自分も過去のことと割りきる時もあるけど、人によってその時期は違うことを感じた。

3作めの「どこかではないここ」という言葉が気に入った。

その他のコメント

高校生の時に受けた模試で出てきてとても印象に残っていたお話。ずっと気になっていましたがやっと読めました。
思っていた以上にはまってしまった!

5作の短編のうち、3番目の家族に本音を言えない主婦の話と、最後のバツイチ子持ちの男の話が、どこか身近で、馴染みやすかったです。何かしら、うまくいかない主人公たちが、良くも悪くも、一つ先に進んで行くまでの短編集です。

読者

Icon user placeholder151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Cb0e3ded ad35 44ef 863d 7b1a1f5c11225dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f37fcf704 8c07 467f bcfa a16fba82e5ae3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe9154cc3788b c938 45fc a41e d959eedee3e0 14人

山本文緒の本

恋愛中毒

恋愛中毒

43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a

mebu

波のある読書力

なんだかなぁ。 自分もわりと、その気があるので、ゾッとした。 一歩間違えばこういう、破滅に向かう女になってしまっていたんではないかと。 おお、怖い。 女にはこういう一面があるということを、世の中の男のどれくらいが分かっているんだろう。 おお、怖い。

約2か月前

51c5cfbf 1ee9 41b2 8969 7476f08646e72bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a06c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668
アカペラ

アカペラ

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

長すぎるわけでもなく、短すぎるわけでもない。ちょうどいい長さの中編が3篇収められている。ダラダラと過剰に説明されるほど長くない。物足りなさを感じさせるほどには短くはない、という意味だ。決して生きるのに器用ではない人たちの、少しだけ普通というスタンダードからずれた人生は切なさが漂う。それでいて温かい。 今年最後を締めくくる本として出会えたことに感謝したい、そう思わせてくれた。

1年前

92be3a99 ee58 47f4 a319 76724e73560aD13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c090bf2548 63f3 4119 9445 82b9363617cc
パイナップルの彼方

パイナップルの彼方

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

女友達三人の何気ない、すぐそこにありそうな日常が書かれています。 自由とは、幸せとは。 考えされられます。

2年前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 8