41hyd9j68el

北海道大学大学院で有機素子コンピュータを研究する南雲と、突然死した友人のAIが、恋愛にまつわる事件に巻き込まれる連作集。SFマガジン不定期掲載の4篇に書き... 続き

コメント

SFは苦手です。そして、現実かプログラムなのか微妙な感じに鳥肌が立ちました。それに、ほのかな恋愛がからんでくると。それはそれで至極受け入れやすくなってしまうのが不思議ですね。いやぁ。私の判断は、私が本当にしたのかな?なんだか不安になる。

その他のコメント

とにかくびっくりした。
読んでいて、ヤバイヤバイナニコレヤバイと、のたうちまわる感覚のまま読み切った。
前日譚となる『グリフォンズ・ガーデン』よりも先に読んだので、IDA-10がどんな格好をしているのか想像もつかなかったけれど、さらには削除という概念がないというバイオ・コンピュータの概念もよくわからなかったけれど、それでも仮想世界が現実世界を凌駕していく危うさは理解できた。というより、現実世界がどれほど危うく脆い世界なのか、ということを意識させられた。
「めったにない何度も読みたくなる作品」の一つに仲間入りした。

読者

3d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1a1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb5fa45b7e 4176 4a98 ac70 cf3c5d82d2e564973475 f5f0 492d beba ab9ccb7651a6F614cf0e a0c4 4301 915f eeea2cb2840bB4e897e3 7850 4521 9de2 4c78be09683e 41人

早瀬耕の本

グリフォンズ・ガーデン

グリフォンズ・ガーデン

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

1992年に刊行された早瀬耕のデビュー作である単行本を、改訂し文庫化したもの。先だって刊行され、読んで衝撃を受けた『プラネタリウムの外側』の前日譚ということで発売を楽しみにしていた。元はゼミの卒業制作として書かれた作品と知る。(出典 HAYAKAWA BOOKS & MAGAZINE の 2017/9/13 の記事より) コンピュータや工学系についてはほとんど詳しい知識はないけれど、登場する恋人たちの会話の流れで難しい言葉もある程度、理解できる構造になっている。 結局、最後はどうなったのか。まだ読み終えたばかりで受け取ったものが上手くまとまらない。人によって捉え方も違うと思う。読んだ誰かと語り合いたい気持ち。 『プラネタリウムの外側』のときも思ったけれど、何度も読み返したい本の一冊に仲間入りした。

3か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860
未必のマクベス

未必のマクベス

952af8df 0b71 4bcf b54c c68c5f10374d

たま

金融関係です

600ページに及ぶ長編。夜も忘れて読み耽っていました。恋愛小説なのか、サスペンス小説なのか、ビジネス小説なのか。さまざまな要素が絡まり合いつつ、最後までずっとだれずに、緊張しっぱなしの展開。読み終わった後の喪失感がすごい。もっとこの物語にいたかったなぁと思いました。

4か月前

6bf5c971 2043 4e74 a761 fb331b62e1a6242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25 28
未必のマクベス

未必のマクベス

De157457 d81d 4236 837a 630e56b6b010

minoguchi

お試し中。

一作目の「グリフォンズガーデン」は、瑞々しいだけにちょっと気恥ずかしくもあり、でも結構好きだったので次作を楽しみにしていたのだけど、まさか22年も待つことになるとは思わなかった(笑)。ハードボイルドなオトナの作法を身につけたものの、その裏にある処女作に通じるピュアさは、まるで本作の主人公の姿と二重写しにも思えて(そう言えば、初めて彼女に会ったのは22年前?)。 500ページ近くの長編、(物語が走りだすまでは少々長かったけど)大いに楽しませてもらいました。

約3年前

242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa3de069f4 1bb1 437b b1a7 36872e5166b1Icon user placeholder