61skrnjcs2l

コメント

この本に出てくるクリストキントって造語かと勝手に思ってたら、ドイツ語で本当にあるものなんですね。ドイツのクリスマスのお話。ミヒャエル・ゾーヴァが好きなので読んでみましたが、他のゾーヴァの絵よりもラフな感じの筆使いな気がします。私の中ではあまりゾーヴァっぽくないように感じました。ドイツのクリスマスにも行ってみたいなあ

読者

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

アクセル・ハッケの本

クマの名前は日曜日

クマの名前は日曜日

A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

しえす太

素敵な本に出会いたい。

どんなにヌイグルミを可愛がっても見返りは一切ない。 それでも共に過ごした時間はかけがえのないものであり、抱いたときのやわらかさ、温かさ、安心感、それだけで子供は幸福になれる。 見返りを求めない“純粋な愛”を知っていた頃を思い出させてくれる素敵な絵本。

2年前

Icon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184