41qmdfqakdl

ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。ときに荒々しく怒鳴りつけ、ときに馴れ馴れしくキスを迫り、ときに紳士的に振る... 続き

コメント

見えているのに、存在しているのに、抱きしめているのに、傍にいない。
とても胸が締め付けられる恋。

だけど、とても怖かった。
自分が自分じゃない。今の自分はどの自分。何をしていたのか。
第三者はどの自分と認識して接してきているのか。自分はどこの次元に存在しているのか。

人は何かをするとき、無意識に別の人格になっているのかも。
私は私でいられているのかな。

現実にあったらとても怖いけど、
ありそうで…
それがまた怖かった。

こんな恋があるんだ〜って衝撃でした!主人公と一緒に大粒の涙が出ました…人の心の一つに恋するストーリー!(•⚗ั౪⚗ั•)

読者

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Icon user placeholderF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15f052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c2Icon user placeholder4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d635335f513d9 0a49 4e51 a2df 9a9be2183997 32人

百田尚樹の本

ボックス!

ボックス!

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

文庫上下巻を一気読みできるくらい入り込める 単なるスポーツでは理解できないボクシングの奥深いところを書き出している

5か月前

Icon user placeholder0849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb87D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a
雑談力

雑談力

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

雑談力つけたくて手始めに読んだけど ただ楽しくて興味が湧いてきて読了 もう一回読み直します 啓発の観点で

7か月前

Icon user placeholder67eaac3f 6068 417c a18a fddc182ea6d93907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125 20