513mo%2byq4wl

発行元から

プログラムがメモリーにロードされ、CPUによって解釈・実行される仕組みをわかりやすく解説。

目次

プログラマにとってCPUとはなにか
データを2進数でイメージしよう
コンピュータが小数点数の計算を間違える理由
四角いメモリーを丸く使う
メモリーとディスクの親密な関係
自分でデータを圧縮してみよう
プログラムはどんな環境で動くのか
ソース・ファイルから実行可能ファイルができるまで
OSとアプリケーションの関係
アセンブリ言語からプログラムの本当の姿を知る
ハードウェアを制御する方法
コンピュータに「考え」させるためには
レッツ・トライC言語!

テクノロジー

人工知能に哲学を教えたら

人工知能に哲学を教えたら

6f52b7f9 5f2f 49a2 b383 bb1de9ad1384

めだ

クソ哲学者

「AIに哲学を教えたら」というよりAIと人間の違いや、AIの限界、その他人間が今まで常識と考えていたものの再考本。 AIと人間の抽象的な問題を、例として思考実験を提示しその問題の考察の流れでAIと人間の違いを解説・提示していて、わかりやすくなってる。 問題としてる域が広いので幅広く考えられる。 AIに対する見方がかなり変わった一冊。 賛成意見と反対意見の引用が多いので、一冊の本の中でよりよく問題を精査することが出来る。 これからのAIを考えるならこの本を読むべき。

8日前

Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c
人月の神話

人月の神話

C65c5a9d 7736 4260 8804 10f826cbcf69

Zas

プロフィール

プロジェクトマネジメントの古典。言語の話とかホストの話とか技術の話は古いが、考え方や解決策などと現在の手法を紐付けて考えると結局今も昔も同じことを考えていたことがわかる。改めて現在の解決策と比較しながら読んでいくことで気づきが得られるかもしれない。

約1か月前