5182g1zzael

コメント

初めて岡崎京子さんの漫画を読みました。
自分が生まれる前の作品だなんて思えないくらい、現在でもかなりセンセーショナルな内容のお話でした。
美とは?若さとは?
永遠ではなく、使い捨てられることが分かっていても、人が求める自分を演じ続けるりりこ…末恐ろしくもあったけれど、まるで自分自身の一部を除いているかでもあるような。
あるはずもない魔法のような治療の効果に飛びついてしまう気持ちもわかるし、破滅すると分かってても続けたくなる衝動もわかる。
本当、欲がどんどん人を変えていく…。出てくるものはどれもこれも、欲欲欲…。

「今の自分をどれほど愛せるか?」なんて生ぬるいものじゃない。
その瞬間にしか価値のないものに縋り付き、持っていないものに憧れて這いつくばってでもそれを追いかけることがどれほど愚かか。それを表現してるような気がします。

もっともっと漫画を深く読み尽くしたいと思える作品でした。確かに、名作です。

岡崎京子さんが描く主人公は、どんな一匹狼よりもハードボイルドだと改めて思いました。

#『岡崎京子展』@世田谷文学館に行ってきた

読者

Icon user placeholder5be317d9 a565 4997 80e3 fa7b7fd2063cB232d07d 9323 400a b9ba cda12452c310Icon user placeholder5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cFd4c7ef6 0173 41ae 93f2 3e70ca5ed415E1728042 0eec 4d4e 98e1 1ee82d0ddff2Fe3dfa46 be7a 4a89 b4ab 1a21ac753e1a 16人

岡崎京子の本

退屈が大好き

退屈が大好き

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

いい意味で、だらりだらりと続いてく話の中にも、岡崎京子さんの棘というか何というか…が垣間見えて、日常の小話のようであろうと岡崎京子さんは岡崎京子さんだなぁと思いました。 数ページの短編でも、しっかりキャラ付けされてて、どの登場人物にも一瞬で愛着が湧きます。 ただ、少し物足りない感じもあります…。 短編集なので仕方がないのかもしれないのですが、やっぱり岡崎京子さんの真骨頂ってヘルタースケルターやリバーズ・エッジ、pinkのような一冊まるまるの作品だと思います。それくらいのページ数を使わないと、やっぱり物語に深みが増してこないというか…若者同士の人間関係に感情が絡まり合ってこないので、現代の若者を風刺するだけで、全年代の若者に通じる、浅はかさや無常さを風刺する境地にまで至らないと思います。 もちろん、どんな形であろうと、若者を描かせたら右に出るものはいない!と思えるのですが、それでも私は岡崎京子さんのもう少しダークな作品を読みたいなぁと思いました。

11日前

ROCK

ROCK

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

おとぎ話のようなポエムのような漫画。狂ってるみたいにからっぽ。蹴ったらどこまでもとんでくボールみたい。気持ちいい!

8か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f018790ec3 a2e1 47a9 b28b 004a09f48d16Icon user placeholder 9
東京ガールズブラボー (下)

東京ガールズブラボー (下)

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

“こういうしりめつれつなすっとんきょうな大カツヤクぶりって 何かじりじりさせるなあ人を あたし達はあせっていた” ↑全体でみるとさりげないシーンなんですけど、印象に残った一言。(漫画「ヤサシイワタシ」を思い出す・・・) 岡崎京子の漫画のように生きてたい。 欲望に忠実に、素直に、エネルギッシュに、秩序なく。 「転んでケガするかも」なんて考えが浮かぶヒマもないほど、もつれるようにめちゃくちゃに走っていたい。 ひとことでゆうと「ずーっとあそんでたい」です。 そんな私から見てサカエもじゅーぶん“しりめつれつなすっとんきょう”なコだと思いますよ。

9か月前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cB269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2