51agndz4wdl

自分が描いたということにこだわらなかった「鳥獣戯画」の作者たち。人も文字もデザイン化された白描画の快楽。「伝源頼朝像」を見た時のがっかり感の理由。終生「こ... 続き

コメント

画家 山口晃さんによる一風変わった日本美術の紹介。なぜ平安時代に描かれた雲はあんなに低いのか? 下手ウマは昔から存在した? 西洋美術が輸入されたらもう戻れない? 山口晃さんは説明も丁寧で、文章にはおかしみがあり、筆者本人もだいぶヘンな人です。

グーグルマップに負けない洛中洛外図の空間性って。!
面白く解読できて、今までと違った見方が発見できる

日本の絵にゆるりと近づけた気がする。立派な日本美術史の本はちょっとしんどいな、って人におすすめ。
たまたま図書館で「日本画用語事典」という本を見つけたので、それを片手にぱらぱら読み返してみたら、より詳しく知ることができた。

日本画のプロから見た日本画の面白さを綴ってあります。

画家ならではの視点から日本美術の歴史と魅力、そして先達へのリスペクトを綴っているワクワクがつまった一冊。

固くなくておかしい。日本美術もユーモア

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdBb318455 7048 4d0b 837a 642219e058f3E433ab33 3660 4d11 b5ca 6f2292dfaa438b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a2acd6458 af28 4955 b111 e3ab182719c76afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc3733972f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7bFb40969a c470 4cd8 8de6 8c99337c81eb 17人

山口晃の本

すゞしろ日記 弐

すゞしろ日記 弐

51f886c5 640a 4286 b44d 6ebfd358308b

Kana Shimora Yoshida

書く+読む、をベースに、何か面白…

気鋭の日本画家・山口晃さんが、日時を緩く描いたコミックエッセイのようなもの。 奥方がナイスキャラ。たまに散りばめられるオヤジギャグに、くすりと笑える。

3年前