41rs3ttyifl

"わたしたちは仲間です"-十四歳のある日、同級生からの苛めに耐える"僕"は、差出人不明の手紙を受け取る。苛められる者同士が育んだ密やかで無垢な関係はしかし... 続き

コメント

裸になって、頬を撫でるという行為そのものが、生きている世界の意味(=意義)をめぐり異なる解釈を認めたときの不自然だけど、ナチュラルな(=当然な)アクションだと思う。犯されるわけでもなく、逃げるわけでもなく、ただブレザーを脱いで汚れた手を頬にあて撫でる行為には、優しさというより、強い酸素みたいな「凶暴さ」がある。

世界に意味があるという立場(コジマ)と世界に意味はないという立場(百瀬であり、実は母親や病院の先生も)のあいだで揺れる「僕」は決して最終的に恋したコジマ側につくわけではない。むしろその逆で、「僕」は百瀬や母親、病院の先生側の、どちらかというと世の中に積極的な意味を求めていない側に流れる。それがこの『ヘヴン』という小説が青春小説とは甚だ呼べない代物である所以だ。世界は解釈でしかないと悟った先のどうしようもなさを描いた作品という点で『わたくし率』『乳と卵』と似ていて、すごく尊い。

川上未映子はキャメラ的、シーン的な作家だと思っていて、シチュエーションを描くのがとてもうまい。コジマが公園で脱ぐシーンは別格だけど、髪の毛を切らせるシーンもとても良かった。僕たちは綿矢りさを知ってるから、髪の毛を切る、切られるという行為が「性衝動」なのだとわかる。

その他のコメント

結局、ほとんどの人がイジメられる側ではなく、イジメる側。
あるいはそういう目線で生きて来たのではないだろうか。
と、気付かされた。

全身ずぶ濡れで一糸纏わぬ姿になっても、彼女の美しさは永遠だと思う

読者

96f02de3 0437 436a a3dd 3957e39e5c12D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cFa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae24f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e517f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4643e1b1d6 ce1f 4c86 8405 2f01917e44ff 55人

川上未映子の本

夏物語

夏物語

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

女性性の物語。 どのように生きるかを真剣に、まっすぐ考えさせる。 貧困の世代間連鎖、孤独感、死と出産。 『乳と卵』に重厚さが増し、再び厭な予感、救いのない円環をぐるぐる回っているような感覚に陥る。 『乳と卵』で感じた女性特有の血の匂いは少しだけ鳴りを潜め、代わりに時間の経過や「老い」が重くのしかかる。 貧困地域に住んでいた親世代の人たちは体も衰え、もともとなかった余裕が損なわれてゆく。 そして、そんな親世代に囲まれ、孤独に生まれて生きてきた彼女たちは将来誰かを愛せるのだろうか、と重たい気分になる。 P.190『「たとえば、言葉って、通じますよね。でも、話しが通じることってじつはなかなかないんです。』 案の定、主人公夏子は「本当に」誰かを愛するという事が難しくなっている。それは、性的なものと愛するということがどう頑張っても結びつかず、アセクシュアル的な傾向をもつ。 P.224『でも、じゃあ、相手のことを本当にわかるって、いったいどういうことなのだ?』 そこで、恋愛を諦め、結婚を諦め、出産を諦める。 しかし、年齢が上がり、ある程度仕事の見通しが立って生活に少しだけ余裕がうまれると自らの孤独に打ちひしがれる。 P.286『わたしから街や人は見えるけども、どこからもわたしは見えないような気がした』 夏子は孤独を感じると、旧い思い出に浸る。どれも暖かくて楽しい良い思い出だが、その全てが、完膚なきまで完璧にみすぼらしく惨めである。 それでも、どんなに惨めでみすぼらしくともこの女性にとっては孤独を癒す大切な思い出なのである。 夏子と対照的に、日本的血縁主義的家族神話に生きた女性が用いられる。 p.347『自分の人生を犠牲にして家を守ってきたという自負と恨みがあるんだと』 男性と男性的社会への痛烈な批判。「なんで女だけが痛いんだ」という叫びは、結婚・出産を経た女性にも等しく孤独を感じさせていることの現れだ。 ここで『乳と卵』を読んだ時のような感覚を思い出し、恐ろしいような、申し訳ないような、おっしゃる通りでおます、とまたぷるぷる震えてしまう。 出産、子育て、女性。 子供を産めるのは女性だけの特権であり、呪い。その特別な権利と痛みは男性には絶対理解できないだろう。 さらに追い討ちをかけるように見せかけの尊敬・理解を示す男性に対して「-知らねえよ」(p.388)と一蹴される。 そうですよね、理解して欲しくもないだろうし、理解してますオーラを出されるの嫌悪、また嫌悪ですよね、これは本当に申し訳なく頭が下がる一方で、下がり続ける頭の先をぷるぷるさせて井戸でも掘って冷たい水を飲んで頂ければご機嫌少しは戻られるでしょうか、いやそんな水くらいでご機嫌とろうという浅はかさこそ愚かなオトコという生き物でして頭で井戸なんてほれませんし、僕ったら本当に申し訳ござりません、とぷるぷるが止まらない。 物語が終盤に差し掛かると、より孤独感を感じるようになる。 誰もがどうやら等しく有しているとされる子供を持つという能力。「自分の子供」という存在に会いたい。この痛切な願いを責めることは誰にもできない。 しかし、そこで反出生主義の女性と出会う事になる。 生まれてきたばっかりに、生まれてこなければよかった、どうしてわたしを生んだのか。 こうした怒りや哀しさは、この本の登場人物たちにとっては当然の感情でもある。むしろ、主人公夏子、巻子、そして緑子も反出生主義に与しても不思議ではない。 それでも、夏子には巻子がいて、緑子がいた。そして思い出の中には母がいて、コミばぁがいて、九ちゃんもいた。完璧にみすぼらしく惨めだが暖かい思い出があった。 夏子にとって、思い出の中の人たちにもう一度会いたいという願いこそ、自分の子供に会いたいという願いの起源だったのではないか。それが、この物語の最後のページの言葉に現れたのではないか。 最後のページでまた再び、ぷるぷる震える。

10日前

Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 9
酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

7か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25
ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

7か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b
きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

妊娠5ヶ月で読んだ。 身体の変化の描写が可笑しくてゲラゲラと笑ったり、数々の痛みや圧倒的な限界感が苦しかったり。でも最後には、出産・育児に前向きになれる、乗り越えたいって思わせる輝きで溢れたエッセイ。 「たのしいこと、いっぱいあるよ!」 しんどくなった時に寄り添ってくれる存在を見つけられて良かった。 2018.12

10か月前

02513e45 bb49 4432 a93b 349f589f76a768c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 42