5115j8afckl

コメント

スプーンは私をかわいがるのがとてもうまい。
この一文だけで、ああ、山田詠美よ、と思う。

当時の文学界に衝撃が走ったんだろうなあと想像した

その他のコメント

出会いは10代。20代で再会。10年後、次に開くときには、きっと違うところで泣きたくなったり、膝を打ったりするんだろうな。
いつ読んでも、新しく発見すること、響くことがあって。
それぞれの主人公の女の子たちとは、ものの感じ方も性格も全然違うのに、どうして気持ちがわかってしまうのだろうなあ。

読者

77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746833a01a1 4312 420b bcf2 e6273df4d5101a58a418 9404 4011 85da d661916a181fA0d46346 6b3a 4f43 9706 3d31d2fbe17a00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a10f47945c ebf6 499b b6af 2f43fc6d84a5 7人

山田詠美の本

ぼくは勉強ができない

ぼくは勉強ができない

342ce25e 820f 4ec0 914f ad7185d0e523

_09.63_

寝る間も惜しんで本を読みたい

恋を知らない 愛を知らない 女を知らない 男を知らない人たちに読んでほしい こんなにカッコよく高校時代を過ごしたかった

4日前