41kajvmdpvl

くまのベルナルさんには友だちがいません。いつもひとりぼっちです。ある日、ベルナルさんのぼうしにキツツキが穴をあけて…。繊細な絵でつむぎだす、やさしい物語。 続き

コメント

ベルナルさんはひとりでいるのが好き。
でも、いつの間にか、帽子に鳥たちが住み着いちゃってにぎやかに!
冬から春へ、季節が変わって、いえも変わる。

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd10e789dc cd50 4aaa aef9 f0bfae455b79E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400Icon user placeholderE32733d2 6079 405d 8f8d 543c24bc293b 5人

新刊

新聞記者

新聞記者

Icon user placeholder

s.aoki

「権力者が隠したい事実」を明らかにすることをブレずに貫いている記者・望月衣塑子さん。 どの媒体かでなく、どれだけ熱量を持っているかで情報を得られるかどうかが決まるという言葉がとても印象的だった。ブレない軸を持っている人は強いと感じる。このような記者に自分もなりたい。

約1時間前

409f696e 0db8 40b8 8ec9 aa84d6c4939b1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 8
宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

是非はともかく現在の世界が欧米中心に成り立ってきたことは間違いなく、欧米はキリスト教社会であってその歴史の中で宗教改革は非常に大きな役割を果たしたと思うのだけど実はちゃんと理解できていないなと思ったので。7年もキリスト教系の学校に通っていたのにお恥ずかしい話ではあるけども…。というわけでタイトルとこの作者であればわかりやすいであろうという期待のもと。どちらかというと宗教改革に伴う欧州の歴史みたいなものに興味があったのですが本作は思想面での宗教改革の起こりについて、が主な内容。一般的に宗教改革はルターが始めたもの、という認識だと思うがルターより百年ほど前にチェコにおいて宗教改革のはしりのような論を唱えて最後は刑死したチェコのヤン・フスと思想上の彼の師に当たるイングランドのウィリクリフが説いた内容を元に筆者が考察を展開しているのだが…聖書はともかく両聖職者の引用がもってまわった表現が多く難解で手間取った。途中で筆者の要約だけ読めばよいのだと気がついたのだが…。世界史を選択していなかった(そもそも日本史と世界史って分ける必要があるのだろうか)ので宗教改革については「カトリックが腐敗しておりその状態を改めようとルターが声をあげて」という説明が印象にのこっているのだども言われてみると当時の欧州においては世俗の権力も握っていたカトリックの力は絶大で教皇は文字通り「神の代理人」だったわけでその誤りを指摘しようなどとは誰も思わなかっただろうしそう簡単にひとりの人間がはじめられることでもなかっただろう。今更ながらキリスト教とはいかなる宗教であるのか少し理解が進んだと思う。手こずったけども興味深く面白い内容だった。

約11時間前