41un0u1mt%2bl

1945年7月、4カ国統治下のベルリン。恩人の不審死を知ったアウグステは彼の甥に訃報を届けるため陽気な泥棒と旅立つ。期待の新鋭、待望の書き下ろし長篇。 続き

コメント

日本人の作家が書いているというのが信じられないくらい、描写が生々しく生と死が克明に描かれている。タイムラインがかなり前後するので注意が必要だけど、最後の手紙を読むだけでも価値あり。ドイツの話でありながら、その話を通してあたかも戦後間も無くの日本のことを話しているかのよう。

その他のコメント

「今やレジスタンスになってしまったファシストたち」
舞台は第二次大戦に敗北したドイツ。
人が当たり前に死んだ時代にあの人の、あの子の死だけは当たり前にしたくない戦争のせいだと見放したくないと歩き続ける少女アウグステの話です。

読者

Icon user placeholderBc762433 2f5c 440b a915 91da328abfb047e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920bF7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e 4人

深緑野分の本

オーブランの少女

オーブランの少女

B56f460b 0128 47c1 b831 7bf3517724e9

湖畔でぼーっと暮らすのが夢です

庭園オーブランで姉妹が死んだ。姉を殺したのは、監禁され醜く衰弱した悪鬼のような老婆。オーブランでかつて何があったのか─。残酷描写があるのに世界観が美しい。レトロな調度品の描写もいいよ。あと少女達の耽美な関係性に萌える。

1年前

Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d87b2e54d3 bc8e 4cfc b1e0 4b63d92f2bae
戦場のコックたち

戦場のコックたち

Eb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bb

Akira

頬を撫でるような霧雨も強かに日々…

戦争の哀しみ、虚しさが詰まったミステリ。エピローグの余韻にぐっと来ました。映画プライベート・ライアンを思い浮かべて読みました。

約3年前

5dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4Debd1ef8 6f35 490c 9a40 0ccf36accf5b5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 26