41un0u1mt%2bl

1945年7月、4カ国統治下のベルリン。恩人の不審死を知ったアウグステは彼の甥に訃報を届けるため陽気な泥棒と旅立つ。期待の新鋭、待望の書き下ろし長篇。 続き

コメント

第二次大戦終戦直後のベルリン。
米ソ英仏四カ国連合軍に占領されたこの街で、ひとりのドイツ人が毒入りの歯磨き粉によって殺害される。

容疑者として連行された、ドイツ人少女アウグステは、戦時中孤児として、被害者宅に匿われていた過去があった。

容疑を晴らすためにアウグステは、被害者の義理の息子を探す事を命じられる。
荒廃したベルリンでの、少女の探索行を描く。

圧倒的な暴力が、生命を脅かした時、良心を保ち続けて生きることは困難である。

ユダヤ人、身体障害者、同性愛、共産主義、強制徴用された外国人、数多の少数者を見殺しにしてきた罪とどう向き合うのか。

人間の弱さと矜恃を、改めて見つめ直すことが出来る一作。

その他のコメント

戦後間もないドイツ・ベルリンを舞台にしたミステリー。
あまりに情景の描写がリアルで、まるでこの時代のベルリンにタイムスリップしたような気分に浸りながら読んでいましたが、実際に作者さんは現地を歩いて、綿密な取材のもとに書かれたとのことでした。

話の面白さもさることながら、作中に出てくる当時のドイツ人の暮らしぶりや社会情勢がかなり興味深かったです。ドイツに興味のある方には是非おすすめです。

1940年代ベルリン。

まるで本当に体験したかのような生々しい描写が恐ろしい。

ベルリンという都市が見せた三つの顔。

戦前、即ちベル・エポック期。
WWI敗戦後、夏の終わりに間違ってうっかり出てきてしまったゴキブリの如く、スリッパの裏で完膚無きまでに叩き落とされ、こき下ろされたゲルマン民族の自尊心。
それを忘れようと煌びやかに飾り立てた豊かな文化を誇ったコスモポリタニズム的大都市ベルリン。

幻想的思想、いや、独りよがりで自慰的な夢想を基に再構築された砂上の楼閣、”世界首都ゲルマニア”としてのベルリン。

プレスの効いた制服を着たSSやヴェールマハトがいなくなり、代わりにヤンキーと赤農軍(あとモンゴメリ将軍とチャーチルと国王に忠誠を誓った軍)たちに占領され、廃墟と化し、人間の生き残りたいという渇望と生き残ってしまった罪悪感、そして文字通り”動物たち”が解き放たれた『神々の黄昏』としての、統合を喪い分裂したベルリン。

一つの都市が三つの様相を見せる。

かつて、最も先進的な憲法を有していたヴァイマール共和政の中間層市民たちは、世界恐慌の後拡大するプロレタリア階級と貴族(ブルジョアジー)の狭間に立たされて、不安と疎外感に陥った。

その不安と疎外感は失ったゲルマン民族の誇りに置き換えられ、国家社会主義や歪められた超人思想への傾倒を促した。

この作品でも主人公の親はドイツ共産党の支持者であり、孤児となった後彼女を匿ったのはブルジョアジーであった。

そして冷徹な目で周囲を観察し、不条理への憤りを抑圧し、葛藤が形成されている。

その葛藤はやがて攻撃性を刺激する。

その葛藤は『全て戦争のせい』だったのだろうか。
この主人公たちの戦争は終わったのか。

『戦争は終わった。世界は美しい。』(p.186)と言うが、この恐るべき暴力の時代と人の尊厳がタバコの紫煙ほどしか薄かった世代に美しい世界は本当に訪れたのか、『ベルリンは晴れているか』?

『この国は、もうずいぶん前から、沈没しかけの船だったんだ。どこがまずかったのか、どこから終わりがはじまってたのか、最初の穴を探し回っても、誰もはっきり答えられない。全部が切れ目なく繋がっているからさ。
だけど俺たちは意気揚々とーあるいはおっかなびっくりで船に乗り込み、自信満々で新しい国旗を翻させる船員たちに櫂をまかせた。』(P.459)

この描写は恐ろしい。我々にこの自覚があるだろうか。

しかし、残念ながら物語として面白かったか、というと満足しきれない。

もう少し、ほんのもう少しだけ物語が生き生きとしていれば、ベルリンは晴れただろう。

読者

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810Icon user placeholder56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bF37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF1907be0 ddbd 495c 9da3 153c2f7b0d078817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe 56人

深緑野分の本

戦場のコックたち

戦場のコックたち

Eb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bb

Akira

頬を撫でるような霧雨も強かに日々…

戦争の哀しみ、虚しさが詰まったミステリ。エピローグの余韻にぐっと来ました。映画プライベート・ライアンを思い浮かべて読みました。

約4年前

E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f027148817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc 32