Btn appstore Btn googleplay
51o56anbdal

初めてだった。男から、そんな目で見つめられたのは-。家族を置いて家を出た母が死んだ。葬式で母の恋人と出会った「私」は、男の視線につき動かされ、彼の家へ通い... 続き

コメント

短編集。すべて食べ物にまつわるもので、なかでも「煮こごり」という話が個人的には面白かった。

読者

9eda642f 7770 49eb beee 6c065a79ecdcF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10F6c40b93 4a06 43d8 a81b 38ec905183ef9dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cf 5人

井上荒野の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

4か月前

6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82fF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d 20
潤一

潤一

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

読み始めて、川上弘美さんのニシノユキヒコを思い出した。

9か月前

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc88f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa
あちらにいる鬼

あちらにいる鬼

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「作者の父井上光晴と、私の不倫が始まった時、作者は五歳だった。瀬戸内寂聴」 この帯を見つけた時、僕は何故か慌てて本をつかみ、レジまで向かった。井上光晴は僕が高校生の頃、耽溺するように夢中で読んだ作者だ。まるで近親者の過去を知って慌てるように。 まだ、読んでない。読んだらもう一度ここに書くか。

10か月前

Icon user placeholderA0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0