51ept%2bya0tl

本書は、ノーベル賞作家マリオ・バルガス・リョサが高く評価する日系ペルー人作家、フェルナンド・イワサキの本邦初訳作品である。中世南米ペルー副王領の首都リマで... 続き

コメント

ペルーのリマで実際に行われた異端審問の記録から選り抜きのオモシロ話。修道士が敬虔な女性信者と如何にしてコトに及ぼうとしたのか、その行為を如何に神学的に言い繕ったのか、裁判所がどう思い悩んだのか、姦淫なんてトンデモナイ!って感じで取り澄ましてはいても人間は所詮人間でしかないんだなあ、とその辺の情けなさに笑わされるけどそれって他ならぬ自分自身に向けられてもいるわけで、笑いの中に少しほろ苦いイロニーを感じずにはいられない。
著者によれば本来の博士論文のために集めた資料から論文の役に立たないために外したものらしいが、こんなトンデモナイ神父や修道士がいるなら本にしたくなるのもごもっとも。

夢魔との姦淫をなした女性を異端審問してたら、コーフンしてしまい私も罪を犯してしまいました、テヘペロ的な、南米ペルーの都市リマで繰り広げられた異端審問のエピソードを集めたもの。これは面白い。

聴罪司祭が告解に事寄せて片っ端からご婦人を口説きまくっていたお話、名うての男色家を捕らえたら教区司祭による性的虐待が始まりだったというお話。死後硬直による勃起が収まらず、これは神の御業であるとされそのまま列聖された聖職者のお話。蓄財に異常な能力を発揮した神の集金係のお話、などなど。バリエーション豊か(エロ多め)なエピソードの数々が楽しいのであった。

カトリック国の禁欲と抑圧の重圧は半端なかったかと想像出来るのだけど、どことなく大らかで、間の抜けた話に思えてくるのは南米ペルーのお国柄故なのか。

異端審問というと最後は火あぶりみたいなイメージがあるけど、鞭打ちだったり、追放だったり、あんまり悲惨な刑罰になっていないあたりも理由としてあるのかもしれない。

タイトルが面白そうだったから手にとってみました。
てっきり南米の小説にありがちな幻想系のストーリーと思っていたのですが本当にスペイン支配時代の異端審問から面白いエピソードを拾ってまとめたものでした。しかしこれカトリックの強い国で出していいのかな…殆どが淫らなエピソードばかり(笑)
異端審問というと残酷なイメージがあるのだけど南米だからかどうにもゆるいイメージでちょっと驚いた。
ペルー出身のこの作者、名前からして日系人なのだろうけど筒井康隆のファンということで推薦文を筒井康隆が書いているのも驚き。因みに序文はあのバルガス・リョサが書いてるの実力者なんだろう。
なんかいろいろ興味深い作品でした。

途中で投げ出した。
その国の文化や宗教のバックグラウンドを知らな過ぎて十分に理解できずにリタイヤ。完全に勉強不足です。

少しでも異端審問制時代のペルーを知れるということに関しては全くの予備知識なしでも良い時間だったと感じた

読者

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b97106cd7 d03c 4b82 ab9a 1b0a4d0b43e960729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8350394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 6人

文芸

わたし、定時で帰ります。

わたし、定時で帰ります。

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

どんなに仕事が山積みでも就業時間内で自分の仕事は計画通りに片付けて定時に帰るということにこだわる結衣。 それは今は上司となった元婚約者の晃太郎、企業戦士だった父に対する意地でもあった。 新しい婚約者との結婚も決まり、順風満帆に思えた彼女に降って湧いた昇格と長時間残業必至な問題案件。 このままではチームが崩壊してしまう!自らも満身創痍で彼女が立てた作戦とは…。 無茶ぶり案件を悪名高きインパール作戦に見立て、どうしたら同僚や後輩を無理させずに働いてもらえるか、と考える結衣。 そして「為せば成る」の精神論で作戦完遂をうたう晃太郎たち企業戦士の面々。 しかし絶対に残業をしないことが前提で仕事を組み立てる結衣も、仕事量に自分を合わせる晃太郎も、どちらも「決めつけ」をすることで却って自分を追い詰めているような気がする。 インパール作戦という人の尊厳を蹂躙するような失敗を二度としない方法は、そのような無謀な作戦を提案、実行させる無能な人物たちを中枢に据える会社や社会の構造を変えることだと思う。 つまりインパール作戦がそもそも選択肢に挙がらない社会を作ること。 もちろんそれが難しいからこそ今もパワハラなどで斃れる人が絶えないし、現代のインパール作戦、東京オリンピックを巡るドタバタを見ているとよく分かるのだか。 会社について、社会について考えさせつつ、ほどよく恋愛の要素も取り入れたバランスのよい小説。 一気読みしました。

約3時間前

Icon user placeholderA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b
立東舎文庫 エッセイ集 微熱少年

立東舎文庫 エッセイ集 微熱少年

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

松本隆の、触れれば血の出る割れた窓硝子のような詞。まだ二十代前半だったはずの故大滝詠一の、アパートに吹き込む隙間風のように冷えびえとした歌唱。それがはっぴいえんどだった。解散後、売れっ子作詞家となるまでの過渡期に編まれたこのエッセイ集兼詩集には、当然松本の言葉しか収録されてないのだが、大滝の歌唱の代わりに、これまた文明に対する静かな怒りと暴走する蒼い性を秘めた若き日のますむらひろしのイラストが随所で炸裂している。一番好きな詞は、この中ならやはり『微熱少年』かな。同内容の鈴木翁ニの漫画も、いずれ再読したい。

約10時間前

いつか王子駅で

いつか王子駅で

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

再読。落ち着きたい時に折に触れて読み返す小説。王子駅と品川駅、大森駅周辺を舞台とする京浜東北線小説です。駄洒落のタイトルは、あの曲と王子駅だけでなく、かなり多くのものにかけられているのだと今回気がつきました。主人公の周囲の人物が皆魅力的。その人々と時を過ごしつつ悩む主人公ですが、結末にはとても納得がいきます。作中で触れられる昭和の小説群も読みたくなってきます。

約11時間前

Fc631cea f7a3 434e bd3f 0c02ce1da47a5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fEe4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f
ヰタ・マキニカリス: 21世紀タルホスコープ

ヰタ・マキニカリス: 21世紀タルホスコープ

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

再読。今回の文庫化では、上下巻ではなく全一巻にまとまりました。やっぱりタルホには、豪華本より文庫の軽さの方が合っていると手に取ってみて思います。読み返してみて、会話場面の描き方がとても美しいなと改めて感じました。疾走感のある『電気の敵』がいつ読んでも一番好きですが、『或る小路の話』『煌ける城』に描かれるタルホとその友人達の青春群像にも色褪せぬ眩しさを感じます。

約11時間前