51ept%2bya0tl

本書は、ノーベル賞作家マリオ・バルガス・リョサが高く評価する日系ペルー人作家、フェルナンド・イワサキの本邦初訳作品である。中世南米ペルー副王領の首都リマで... 続き

コメント

途中で投げ出した。
その国の文化や宗教のバックグラウンドを知らな過ぎて十分に理解できずにリタイヤ。完全に勉強不足です。

少しでも異端審問制時代のペルーを知れるということに関しては全くの予備知識なしでも良い時間だったと感じた

その他のコメント

ペルーのリマで実際に行われた異端審問の記録から選り抜きのオモシロ話。修道士が敬虔な女性信者と如何にしてコトに及ぼうとしたのか、その行為を如何に神学的に言い繕ったのか、裁判所がどう思い悩んだのか、姦淫なんてトンデモナイ!って感じで取り澄ましてはいても人間は所詮人間でしかないんだなあ、とその辺の情けなさに笑わされるけどそれって他ならぬ自分自身に向けられてもいるわけで、笑いの中に少しほろ苦いイロニーを感じずにはいられない。
著者によれば本来の博士論文のために集めた資料から論文の役に立たないために外したものらしいが、こんなトンデモナイ神父や修道士がいるなら本にしたくなるのもごもっとも。

夢魔との姦淫をなした女性を異端審問してたら、コーフンしてしまい私も罪を犯してしまいました、テヘペロ的な、南米ペルーの都市リマで繰り広げられた異端審問のエピソードを集めたもの。これは面白い。

聴罪司祭が告解に事寄せて片っ端からご婦人を口説きまくっていたお話、名うての男色家を捕らえたら教区司祭による性的虐待が始まりだったというお話。死後硬直による勃起が収まらず、これは神の御業であるとされそのまま列聖された聖職者のお話。蓄財に異常な能力を発揮した神の集金係のお話、などなど。バリエーション豊か(エロ多め)なエピソードの数々が楽しいのであった。

カトリック国の禁欲と抑圧の重圧は半端なかったかと想像出来るのだけど、どことなく大らかで、間の抜けた話に思えてくるのは南米ペルーのお国柄故なのか。

異端審問というと最後は火あぶりみたいなイメージがあるけど、鞭打ちだったり、追放だったり、あんまり悲惨な刑罰になっていないあたりも理由としてあるのかもしれない。

読者

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b97106cd7 d03c 4b82 ab9a 1b0a4d0b43e960729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8350394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 6人

文芸

東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて

東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて

6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a

いち

本を読んで、泣くのはあんまりない。 会社のボイラーが故障して、業者さんを待つ間、時間があったから、彼女に借りたこの本を読んでいた。事務所に誰もいなかったから。 しくしく泣いてたら業者さんが来て、汗った 笑 シリーズものだから、次が楽しみ。

約8時間前

C0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98cF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b
ヨーゼフ・メンゲレの逃亡

ヨーゼフ・メンゲレの逃亡

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

アウシュビッツの医者でガス室送りの選別をし、囚人達を生体実験でいわば拷問して殺したナチスの医者ヨーゼフ・メンゲレ。敗戦と共に親ナチスだったペロンのアルゼンチンに逃亡した彼がブラジルの海岸で心臓発作で亡くなるまで、をあくまで小説として描いた作品。同じ南米に逃げた戦犯でもイスラエルに拉致され処刑されたアイヒマンと違って最後まで逃げおおせた逃亡生活が追う者達の立場も押さえながらリアルに描かれていてさながらノンフィクションのようでもある。道を踏み外した医者の生家が今では消滅してしまったものの世界的な農機具メーカーであり比較的潤沢な資金援助が得られたこと、また追う側の中心であったイスラエルも中東戦争などより優先度が高い事案が生じたことなどもありあと一歩まで迫られながらも逃げおおせた逃亡生活は追手に怯えながらの惨めなものであったと描かれているのだけども果たしてそのようないわば同情的な筆致が必要だったのか、ベートーベンを口ずさみながら人の生き死にを決めていたという純然たる悪に対してはもっと過酷な運命があっても良かったのでは、などなど考えさせられる作品でした。読み物としてはかなり面白かった。

約17時間前

ウズタマ

ウズタマ

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

自分の母親を殺した罪で服役している男、微かに残るその男とのあたたかな日々、父親から渡された預金通帳を見て、その男からのものと直感でわかったとして、自分だったら会いたいと思うだろうか。 ウズタマがちょこんと表紙に収まっている。温まる小説。

約21時間前