51rnvy77syl

南極が舞台の音楽ファンタジー。登場するのはペンギンたちと三大テノール…。今年もウィーンから「オペラ船」が名歌手たちを乗せてやってきたのだ。音楽好きなペンギ... 続き

コメント

三大テノールが心配になるくらい似てて、笑いました。南極の秘密が本当にあったら素敵。

その他のコメント

2018/3/7読了
絵から伝わってくるものがとても多くて、絵本という形式でこの本が出されたことに意味を感じる。ペンギンとクラシックって似合うなー。

読者

69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

文芸

このあたりの人たち

このあたりの人たち

8870230d 5270 4d09 9530 2574d3a04576

陰気な社畜が夜景を彩る

各話が短くて読みやすかった。話によってはSFじみたとんでもないことが起こってはいるものの、極めて当然のように語られているから、このあたりの人にとっては驚くべきことでもなんでもないのだろう。隣町がちょっとした異世界だったらいいのに。それも入り浸ってよく知ってる異世界ではなくて、噂によると、数回しか見たことないんだけど…みたいな不確実な間柄を持ちたい私にとってクリティカルヒットだった。宮崎夏次系のホーリータウン好きな人には刺さるかもしれない

約2時間前

7e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d5e4964f7 2747 42fa b8c8 4bd948e9437b5032a470 5f6a 4cbb 9614 badf3c839a2d 9