51xfo o2%2byl

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外... 続き

コメント

大人びた小学4年の少年アオヤマくんが町で起きる不思議な現象の研究を始める。アオヤマくんとお姉さんの関係が切なくも愛おしい。夏になると読みたくなる。

いちばん好きな場面はウチダ君がすごくふしぎな発見をアオヤマ君に話すところ。答えがあるのかさえ分からないことを考えるのはよいこと。考えないよりずっといい。

とっても好きなタイプのボーイミーツガール。
アオヤマくんが本当に可愛らしくて、そう感じること自体、わたしは大人目線でいるのだなと思わされた。同級生だったら、この時分では恋しなくて、後あとモテるのだね。
彼が「ぜんぜんちがう」と分かってしまったことに、やけにさらさらした涙がだーだー出てきて、カラカラになって、気持ちよかったのを覚えている。

ペンギンもジャバウォックもどこかに存在するんじゃないかって思ってしまう絶妙なリアリティが好き

とても勉強家な、小学4年生のアオヤマくんが主人公のSF小説。
スタニスワフ・レムのソラリスに影響を受けて作った作品だそう。
アオヤマくんの
「僕にとって誰かに負けるのは恥ずかしい事じゃない。恥ずかしいのは昨日の自分に負けることだけだ。」
という言葉を人生の教訓にしている。
是非映画化して欲しいなァ。

研究熱心な少年の冒険の話!と思ってのんびり読んでたら、どんどん引き込まれた。
最後はちょっと切なくて、お父さんの台詞がいちいちかっこいい笑

背伸びしたい時期の年頃の男の子の身に降りかかった自分ではどうしようもない出来事というのがすごく印象に残っている。読み終わったあとすごく切なくなった。

ぽかぽかのんびりって感じ

ぼくとお姉さんと、ペンギン。謎は解くべきか解かざるべきか。解かざるを得なくなるのか。
考えるということ、考え続けるということはどういうことなのか。真実は時に理不尽である。
しかし人生にノートは必要だ。

しばらく前に買ってたんだけど読んでおらず、最近になって思い出して読んだところ、ちょうど良い季節に読んだな、と思った。夏、あるいは夏休みに読むべき。
最初は割とほのぼのした雰囲気だったのが、どんどんSFに突っ込んでいって、いつのまにか少年は世界を救えるか否かレベルにまでなるのだけど、それら全てが、「小学生のころに裏山探検で感じたワクワク感や好奇心」みたいなモノの延長において読めるところが魅力であると思います。

少年の小さな冒険の物語
突拍子もないような話で内容を掴めずに読み進めると、物語が繋がる頃には少年の愛らしさと冒険から目が離せなくなっていた。

コーラは嫌いじゃない。この本のせいで嫌いじゃなくなってしまったのだ。

温かくて、ちょっぴり切ない

大人のような少年。そして不思議な力を持つお姉さん。SFなのに全体的にゆったりした空気が流れている。朧げな記憶の中の少年時代に重ねてみたり、少年が自分の姿に重なったり。忙しさに追われ、知的好奇心を忘れてしまった大人におすすめ。

★★★★★
きっとアオヤマくんは、えらい大人になったときに、再びおねえさんに会えるのだと既に確信しているんじゃないでしょうか。
それにしても、森見登美彦の描くヒロインは、どれも本当に魅力的で美しいですね。

「アオヤマくん、そのまま君の道をひた走れ」
いやしかし面白かった。活字的満腹感

夏休みにふさわしい話。とてもかしこい、冷静で科学的なものの見方ができる主人公のアオヤマ君はなんだか生意気だけど、とても純粋で可愛くて好感が持てる。憧れの歯科医院のお姉さんもサバサバしていて2人のやり取りが楽しい。
episode1~2はほのぼのした雰囲気でゆったり時間が流れ、3からは物語が展開し始め、4ではドキドキして「一体どうなってしまうんだろう!?もしかして...!?」が止まらない。
夏の暑い日に、SFファンタジーの世界にすっと飛び込める、不思議で、最後はちょっと切ない物語。

アオヤマ君みたいな主人公に憧れる。村上春樹っぽい作風だなあと小生ながら思いました。

読者

A0c0f31b 1ff6 493f b700 b40e8d7a502e25061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b836Icon user placeholder5f459b8d 75b0 42e4 9cac bc368d8d7a8e177f29de c939 4c61 a609 88229e86216d62eec5fc e3b0 4557 9a2d a5785cccb4c4Icon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 103人

森見登美彦の本

有頂天家族

有頂天家族

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

人間と天狗と狸が暮らす現代の京都を舞台に、「阿呆の血」を受け継いだ狸の家族の物語。真面目で努力家だがピンチに弱い矢一郎、父の死のショックから井戸に引きこもり蛙の姿から戻れなくなった矢二郎、「面白きことは良きことなり!」が身上の矢三郎、偽電気ブランの工場で働く小心者の矢四郎、四人の子供達と宝塚を愛する母が、絶体絶命のピンチを前に奇跡を起こす・・・という話。 「くされ大学生」「阿呆の血のしからしむるところ」といった森見登美彦の独特言葉のチョイスとユーモア、そして愛すべきキャラクター達がクセになる。 また、面白おかしいだけでなく、最後には温かい気持ちになれる点も魅力。 父・総一郎が長兄に語った言葉が印象的。 「兄弟仲良く! なにしろ、おまえたちには、みんな同じ『阿呆の血が流れている』」

約1か月前

C82ef0d1 397a 4035 bf94 76e77d8afd099bbf9ea2 6d98 43a7 8bd7 d8a4a7994452A7d2093d 2435 4293 bedd e792e04598d0 18
太陽と乙女

太陽と乙女

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見氏の、デビューから現在に至るまで、 新聞や雑誌、舞台パンフなどなどあらゆる媒体で書かれた文章をほぼ網羅したエッセイ集。 ひねくれつつも、どこか愛のある、 人間味を感じる森見氏の文体が好きだ。 もっと言うと、 大学生の頃のノリを延長したかのような空気感が大好きだ。 その時の思い出がなければ、 数々の名作はこの世に生まれ出なかったのであろう。 氏と同じライフル射撃部だったという明石氏やダークスコルピオン氏にぜひお会いしてみたい。 願わくば、 一番森見汁の濃い『太陽の塔』の早期映像化を! もちろん同じ大学ノリを感じるヨーロッパ企画上田氏脚本で!

8か月前

7dd9c019 9e7f 48f4 9295 4b1b5e2f4635Icon user placeholderIcon user placeholder 24
森見登美彦の京都ぐるぐる案内

森見登美彦の京都ぐるぐる案内

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

手描きの見やすい地図つきで、街をまわってる感じがあっていい。文学的な要素もあり、飽きにくく、サクッと読める。 主要の観光スポットだけではないので、ぶらりと歩きたい人、ガイドブックまではいらない人にとっては、おもしろい本かもしれない。

1年前

C5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3 11