Btn appstore Btn googleplay
51xfo o2%2byl

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外... 続き

コメント

大人びた小学4年の少年アオヤマくんが町で起きる不思議な現象の研究を始める。アオヤマくんとお姉さんの関係が切なくも愛おしい。夏になると読みたくなる。

いちばん好きな場面はウチダ君がすごくふしぎな発見をアオヤマ君に話すところ。答えがあるのかさえ分からないことを考えるのはよいこと。考えないよりずっといい。

とっても好きなタイプのボーイミーツガール。
アオヤマくんが本当に可愛らしくて、そう感じること自体、わたしは大人目線でいるのだなと思わされた。同級生だったら、この時分では恋しなくて、後あとモテるのだね。
彼が「ぜんぜんちがう」と分かってしまったことに、やけにさらさらした涙がだーだー出てきて、カラカラになって、気持ちよかったのを覚えている。

背伸びしたい時期の年頃の男の子の身に降りかかった自分ではどうしようもない出来事というのがすごく印象に残っている。読み終わったあとすごく切なくなった。

アオヤマ君の物言いが癖になります

アオヤマ君のまねっこ
始めました。

ペンギンもジャバウォックもどこかに存在するんじゃないかって思ってしまう絶妙なリアリティが好き

とても勉強家な、小学4年生のアオヤマくんが主人公のSF小説。
スタニスワフ・レムのソラリスに影響を受けて作った作品だそう。
アオヤマくんの
「僕にとって誰かに負けるのは恥ずかしい事じゃない。恥ずかしいのは昨日の自分に負けることだけだ。」
という言葉を人生の教訓にしている。
是非映画化して欲しいなァ。

アオヤマくんのようで無くて良いから子どもが欲しくなった。アオヤマくんの父母のようになりたく思う。
旅立つ前アオヤマくんの父がお姉さんに言う「もし息子が取り組んでいるのがそういう問題であったら、息子はたいへん傷つくことになる。私が心配するのはそれだけですよ」の部分がすき。
これから起こることがわかっているような、子の全てを包み込むような愛情が。
episode1〜3はゆったり
episode4はババババっと
読んでしまう。
ゆっくり味わっていただきたいし、
実写化されると嬉しい作品。
もちろん、ミステリアスなお姉さんも大好きです。
アオヤマくんには負けますが、、、笑

*ルッカリー はぜる ヒメジョオン 暗渠 フリッパー ニュートリノ エウレカ

研究熱心な少年の冒険の話!と思ってのんびり読んでたら、どんどん引き込まれた。
最後はちょっと切なくて、お父さんの台詞がいちいちかっこいい笑

今年夏にアニメ映画になった。
CMで観て気になったので本を読んでみた。
小学生の研究好きな男の子の語り口で始まる書き出し。可愛くて入り込めそうだと思ったけど途中から憎たらしくなってきたり、単調な気がして読めなくなったり、色々苦しんだけど読破。
郊外の町で起こった不思議な出来事。
小学生の男の子の夏休みに起こった、少し切ない物語。
若い人に読んでほしい本かなーと思いました。
熟語も漢字も難しくないので。

ぽかぽかのんびりって感じ

ぼくとお姉さんと、ペンギン。謎は解くべきか解かざるべきか。解かざるを得なくなるのか。
考えるということ、考え続けるということはどういうことなのか。真実は時に理不尽である。
しかし人生にノートは必要だ。

しばらく前に買ってたんだけど読んでおらず、最近になって思い出して読んだところ、ちょうど良い季節に読んだな、と思った。夏、あるいは夏休みに読むべき。
最初は割とほのぼのした雰囲気だったのが、どんどんSFに突っ込んでいって、いつのまにか少年は世界を救えるか否かレベルにまでなるのだけど、それら全てが、「小学生のころに裏山探検で感じたワクワク感や好奇心」みたいなモノの延長において読めるところが魅力であると思います。

少年の小さな冒険の物語
突拍子もないような話で内容を掴めずに読み進めると、物語が繋がる頃には少年の愛らしさと冒険から目が離せなくなっていた。

コーラは嫌いじゃない。この本のせいで嫌いじゃなくなってしまったのだ。

温かくて、ちょっぴり切ない

大人のような少年。そして不思議な力を持つお姉さん。SFなのに全体的にゆったりした空気が流れている。朧げな記憶の中の少年時代に重ねてみたり、少年が自分の姿に重なったり。忙しさに追われ、知的好奇心を忘れてしまった大人におすすめ。

★★★★★
きっとアオヤマくんは、えらい大人になったときに、再びおねえさんに会えるのだと既に確信しているんじゃないでしょうか。
それにしても、森見登美彦の描くヒロインは、どれも本当に魅力的で美しいですね。

「アオヤマくん、そのまま君の道をひた走れ」
いやしかし面白かった。活字的満腹感

読者

2c9c81d4 95cd 44b2 ad8d cdaae6cd10a8Icon user placeholder6d8a6f4c b79f 464b aec4 542fe74503ab01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1e4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f321Icon user placeholderH4vpnusd normalCc26d279 75ab 4222 a669 a2f949113b28 177人

森見登美彦の本

宵山万華鏡

宵山万華鏡

It9trq 4 normal

ma

自分でツイートはあまりせずに、色…

笑えるパートもありつつも、じわりと不気味な森見登美彦ワールドが好き。

4か月前

Jm7edlu6 normalH4vpnusd normalIcon user placeholder
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。突如、街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

5か月前

9d5a18d4 e4eb 4019 8d6e f04669dc5c12Icon user placeholderIcon user placeholder 17
夜行

夜行

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/11 読了 終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。 久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

7か月前

Icon user placeholder9e214c83 6a82 4ea2 ae16 634119fa578b01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1e 33
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

8か月前