Btn appstore Btn googleplay
51xfo o2%2byl

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外... 続き

コメント

いちばん好きな場面はウチダ君がすごくふしぎな発見をアオヤマ君に話すところ。答えがあるのかさえ分からないことを考えるのはよいこと。考えないよりずっといい。

その他のコメント

大人びた小学4年の少年アオヤマくんが町で起きる不思議な現象の研究を始める。アオヤマくんとお姉さんの関係が切なくも愛おしい。夏になると読みたくなる。

とっても好きなタイプのボーイミーツガール。
アオヤマくんが本当に可愛らしくて、そう感じること自体、わたしは大人目線でいるのだなと思わされた。同級生だったら、この時分では恋しなくて、後あとモテるのだね。
彼が「ぜんぜんちがう」と分かってしまったことに、やけにさらさらした涙がだーだー出てきて、カラカラになって、気持ちよかったのを覚えている。

読者

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b52c9c81d4 95cd 44b2 ad8d cdaae6cd10a8Icon user placeholder6d8a6f4c b79f 464b aec4 542fe74503ab01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1e4dc48445 e300 4859 bb9a c9437a47f321Icon user placeholderH4vpnusd normal 178人

森見登美彦の本

宵山万華鏡

宵山万華鏡

It9trq 4 normal

ma

自分でツイートはあまりせずに、色…

笑えるパートもありつつも、じわりと不気味な森見登美彦ワールドが好き。

5か月前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Jm7edlu6 normalH4vpnusd normal
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。突如、街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

6か月前

Icon user placeholder9d5a18d4 e4eb 4019 8d6e f04669dc5c12Icon user placeholder 18
夜行

夜行

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/11 読了 終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。 久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

8か月前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Icon user placeholder9e214c83 6a82 4ea2 ae16 634119fa578b 34
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

9か月前