51u9rnvmwil

緑豊かな丘に囲まれたアフリカの小国、ルワンダ。しかし、長年つづいていた民族間の諍いが、1994年、大量虐殺に発展した。わずか100日の間に80万人以上が昨... 続き

コメント

ルワンダの繰り返された虐殺の歴史を、当事者であったホテルの支配人ポールが書いた本。なぜ虐殺が起こったのか。それらは用意周到に仕組まれた、けしかけられた争いだった。集団心理として煽られた人々が我を見失い、あるいは古い怨恨を再び燃え上がらせて、心の底から鬼を吐き出すかのように惨殺を繰り返していく。
そのジェノサイドの渦中にいて、フツとツチがどんな関係に置かれていたのかを小さい頃から体感しながら育ってきたポールだからこそのノンフィクション。ポールは勇気ある英雄と言われるが、それだけではなかった。彼は平常時の頃から、いざという時の準備も怠らなかった、とても賢い政治家でもあった。だからこそ、守ることが出来、闘うことができたわけだが、そんなポールですらも全力を尽くしてやっと、という状況だったのだ。ジェノサイド渦中では一般の、知識も人脈もない人たちの無力さは、計り知れない。最後のジェノサイドで残ってしまった深い傷と怨恨が、また再燃することのないことを祈る。

読者

Icon user placeholder5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f413c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583908634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholder5fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3fA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Icon user placeholder 10人

文学

ぼくはぼく

ぼくはぼく

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

詩集を読むのは久しぶり。 谷川さんのやさしい言葉に心が満たされるし、ストンと落ちる。 一番最初の詩は感動して声に出して読むとジンときました。 静かな場所で、自然がいっぱいの場所でゆっくり読んで欲しい。

4日前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff288207b6 e0b2 46ea a99f a579758832de